忍者ブログ
こちらは櫻井翔さん、そして勿論嵐さんみんなが大好きな管理人による大変な自己満足blogです。 初めてお越し下さった方は閲覧前にリンク項目から「はじめに」のページをお読み下さい。
[202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも!!遂に遂に遂に見てきました!!

劇場版 ヤッターマン

因みに一人で行ってきましたよ(さらり)。
平日休みを利用するしかなかったのでお友達と日程が合わなかったというのもありますが、誰も一緒に行ってくれなかったというのが一番大きいです(爆)。
誘った人に「あんたと行くのだけは遠慮したい」とか「櫻井さんを大スクリーンで見るキミの隣に座ることだけは本気で勘弁」的なことを言われた私って、まぁ相当だと思いますよ。。。
偶然にも左隣に座った人が嵐さんファン(且つ櫻井さんファン)っぽい人でした。
ちょっと話しかけたかったです(やめてあげて下さい)。

上映中、動悸がすごいことになったのは、トータル4回です(何の報告)。

せっかくなので、鑑賞記念として感想を書きたいと思います!
書いてみたら、見事に偏りまくった感想になりました。。。
もっと純粋に見れないのかな、と自分のことながら落ち込みました。。。

以下、そんな感想でも宜しければどうぞ☆
流石に避けられなかったネタバレを含みますのでまだ見ていない方はご注意。

拍手[0回]


大人も子供も楽しめるものということですが、それにしてはちょっと下ネタが多くておかしかったです(笑)。
子供視点的にもホントにいいのか?とも思っちゃいました。
あと、ヤッターワンが思いのほかエロキャラでした。ビックリです。あと、声がとても渋かったです。
敵メカに興奮して超激しいキスしちゃう所とか、ガンちゃんじゃないですがホント「おーい、何やってんだー!!」ですよ。
女型メカに発情して鼻血出してがっついて!
何だよお前、ホント変なところ作った人そっくりだな!!と(おい)。

ガンちゃんは正義感があって真っ直ぐな性格で、ヒーローとしてはとても素敵でした。
もうスクリーンに登場する度、

カッコ良すぎて悶え死ぬかと(マジな感想です)。

しかし上演前が一番緊張してたような気がします。
あるじゃないですか、本編前に次回上演予告というものが。その時から私、僅かに震えていました。
でも左右の人の目もあるし、何とか平常を装ったんです。
頑張りましたよ。変な声が出ないように、ひざにかけたコートをずっと、今にも引き千切らん勢いで握り締めてました(ギリギリ)。
考えれば今まで嵐さんを劇場で見たことが無い私ですから。こんなにでっかい画面で櫻井さんを見られるなんてホントに幸せな機会を頂いたと思います!!

ただ、ガンちゃんは男としてはかなり駄目でした!!
女心が分かってないにもほどがある!ってことで、非常に愛ちゃんに同情してしまいました(まさかこんな感情を抱くとは:笑)。
翔子ちゃん(某メイド喫茶店員にあらず)の太ももに口をつけて毒を吸い出すシーンには、未だかつて感じたことのない激しい眩暈が。。


さ、櫻井さんっ!!!
超エロすっ!!!!!!!!(ここはガンちゃんじゃないらしい)


しかも太ももの、ほとんど付け根でしたよね。
それ以上上にいったら、私は泣いていたと思います。きっと号泣です。しかもその感情の占拠率は

嫉妬1割:ありがとう9割

だったりするので、私の脳内ってマジに歪んでると思います(爆)。
あ、あんな男らしい部分出してくれるなんて思わなかったもので!!心臓がすごい早鐘を打ちました。
このままR-15並にきわどい吸い方しはじめたらどうしよう的な!!(期待と興奮で頭がいっぱい)
色々考えているうちにそのシーン終わっちゃいましたけど、とにかくご馳走様っていうか。。。

でもその行動が男としてのスケベ心からやってるのか、それともただの正義感からやってるのか。
ガンちゃん自体は後者のつもりだったかもしれませんが(前者もなきにしもあらず?)、ガールフレンドの愛ちゃんからしてみれば、これはとんでもなく許せない行動ですよ(笑)。不機嫌になる愛ちゃんの気持ちは本当に痛いくらい分かりました。「何よ!!デレデレしちゃって!!」って思いますよね(こんな台詞は無い)。

ガンちゃんがこんなことだから、遅ればせながら劇場で愛ちゃんがものすごく好きになりました。
公開前からガンちゃんやドロンジョ様に世間の注目が集まることが多かったですが、この子もすごい頑張ってるっていうか!!(やや上から目線のような表現ですいません)
健気にガンちゃんを一生懸命サポートしてる姿とか最高です!ガンちゃん、もっと愛ちゃんのありがたみを知れよ!と偉そうにも何度も言いたくなりました。
そしてそして、まさかの

ガンちゃんとドロンジョ様のキスシーン

二人のラブシーンがあるとは聞いていましたが、キスまであるとは思いませんでした。
ほとんど事故みたいなキスでしたけど、こういうキスの方が女は好きだったりするんですよね(笑)。
危ないところをカッコよく助けて、そしてうっかり奪っちゃった的な・・・それって女からしたら超卑怯なことかも!?(笑あくまでガンちゃんへの感想です)
ショックを受けた愛ちゃんの表情は印象的でした。
そしてその後、すっかり元気を無くしてしまった愛ちゃんに、私の彼女への同情はMAX!!
この辺りのシーン、ほとんど「バカバカバカバカ!!!ガンちゃんのバカ!!」って心の中で言ってました。
愛ちゃんが愛しくて愛しくて仕方がなかったです。。。あれ、何この櫻井ファンらしからぬ感想(ホントにな)。

ドロンボー一味は、やはりチームワーク抜群でした。
本編中のあの謎のダンスは、意味不明ですが、何だか頭に残ります。昭和の香り万歳!!笑
ケンドーコバヤシさんも生瀬さんも、めっちゃ面白い!!私は原作ファンではないですが、原作ファンの人が一番気にしていた実写化のキャストって、実はドロンボー一味だったんじゃないかと思います(想像ですけどね)。
ルックスだけでなく、自分がキャラクター化したという思い切りの演技も必要だったはずなので、そういう点でも彼等は抜群だったんじゃないかと!!
ドロンジョもお色気だけじゃなく、可愛らしい面も見せてくれて、とても良かったです。原作はどっちかっていうとお色気な部分が突出してるイメージでしたから、いい意味で実写向けになっているなぁと☆
櫻井さん…じゃなくてガンちゃんと夫婦になるという夢には、爆笑してしまいましたよ(声には出さず心の中で)。
そんな庶民的な夢を持っている設定にするとはね!さすが三池監督!!(賞賛ポイントここ?!)

最後は、ヤッターマンチームとドロンボー一味が協力して悪(象徴的ですが)を倒すという流れに、心がじんわり。。。
原作もそうですが、ドロンボー一味って本当の悪人って感じではないですよね。立場が違うから対立しているだけであって、きっと両チームってとても近いところにいるのかも。
その両チームが力を合わせ、本当の悪の根源を倒す。これはある意味、最高のコラボレーションですよね。
対立するだけではないヤッターマン&ドロンボーを見たい。
原作ファン世代の大人は、ひょっとしてそんなことを思っていたのかなぁと想像してしまいました。


話は若干戻りまして、2度目のキスシーン。

ガンちゃんと愛ちゃんの、ラブラブキスシーン

ここでもまた動悸がとんでもないことになりましたが(流石に櫻井ファンとして)、ホッとしたのも事実です。
「ドキドキするのは最初だけよ」という愛ちゃんの台詞がここで効いてきます。ほんと可愛い、愛ちゃん!
本当にしているのかどうか分からない見せ方ですが、すごくキュンときました。
ヤッターマンは二人で一つ!的な…なんつーか最後に最高の口説き文句ですよ…超言われたいな!!(ちょっと本心出ました)
しかし色々あったけど、やっぱり大事なのは愛ちゃんなんだって分かったガンちゃん。
これからもずっと愛ちゃんと幸せに毎日を過ごして欲しいです!!
良かったなぁ!!と心から思える甘いシーンでした。

****

あ、そういえば今思い出したんですが、櫻井さん、念願の「木更津」以来のキスシーンですね!!(ここで思い出すのもどうかと)
オファーあって良かったです!!でもキスシーンどころか、女性の太もも吸うシーンまであるなんてこっちは全く予想してませんでしたけどね(爆)。

***

感想は以上です。非常に偏っていますが、深い感想はきっと回を重ねるうちに胸に生まれるんだろうと(一回で終わらせる気、さらさら無し)。
お付き合い頂き、ありがとうございました!!

あと追記。

エンディングに流れる「Believe」、マジガチハンパねぇっすよ。。。?

最後の最後にただの嵐ファンに戻って、劇場の大音量に、超②ありがとう!!
ファンの方、最後まで気を抜かず、どうぞお気をつけて♪(超笑顔)
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
ブクログ


私の趣味の傾向が一目で分かります。(笑)
嵐さんのCD・DVD(音楽ジャンル)はこれに含みません。
最新コメント
[05/25 うほあらし]
[05/25 びわ]
[05/15 りこ]
[03/12 杏依]
[01/05 杏依]
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
高知県生まれ。在住。学年的には末ズ-1歳。
関西を転々とした後、現在は県内で接客業。
でもそろそろフリーとして活躍できる職に就きたい。
嵐さん関係のプロフィールは、リンクより「はじめに」からどうぞ♪

an isosceles triangle=二等辺三角形
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]