忍者ブログ
こちらは櫻井翔さん、そして勿論嵐さんみんなが大好きな管理人による大変な自己満足blogです。 初めてお越し下さった方は閲覧前にリンク項目から「はじめに」のページをお読み下さい。
[528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遂に発売されました嵐フェスのDVD。
フラゲはできませんでしたし、周囲に盛り上がれる友達がいないのでけっきょく一人鑑賞会になってしまいました。今からでも構わないので、このDVD持って関西でも関東でも山陰でも呼ばれたら飛んでいきたい心意気です。(誰も呼ばない;)

さてさて感想(笑)。僭越ながら嵐フェスは21日の最終日に参加することができて、多少以前の記事と感想がかぶってしまいますが、とりあえずこのDVDを観ての感想ということで。ちょこちょこと思い出を交えつつ。私の思い出はいらないかな・・・汗
私は当日アリーナの右の方。松本さんバルーンの前あたりに居たのですが、映ってなかった。残念!笑
前回の感想では悲しすぎて書かなかったんですが、実は、私のいたアリーナはアリーナでも、、、

終始、櫻井さんが1回しか通らなかった鬼門アリーナでした(大爆)。

松本さん、二宮さん、大野さんが最低でも3回以上は通過した、相葉さんもそれより少なかった気がしますが滞在時間がとてもたっぷりで、松本さんにいたっては登場の瞬間に謁見が叶った(謁見?)、大野さんの愛あふれるファンサービスを何度この目の前で見られたことか。とにかく他四人の皆さんは申し訳ないくらいアリーナという最初で最後かもしれない特権で堪能させて頂いたんですが。


ただ曲間の移動に必要だったからそこを通った

感のあふれる清々しい一度きりの通過でした(白目)。
一緒に行ったお友達とは後に流れた居酒屋で
「あれただの場所移動ですよね?」
「私達、避けられたんじゃないですか?オーラが鬱陶しい×2だから」
「うそだぁ!」
「逆に面白くないですか?あそこにいてもちゃんと会えないって」

私とお友達の共通目標は「目の前で櫻井さんの生ラップを聴く」です。
期待しました。もし何かの曲の時に丁度ここでラップ始まったらどうしよう!あの手の動きと眉間の皺を肉眼でみられちゃったりしたらどうしよう!やばい!想像しただけでしぬ!泣く!レポ書く予定なのにぜんぶ記憶飛ぶ!!(真顔)
まったくの無問題でした。はっはっはっはっは(渇いた笑い)。
けっきょくワインをがぶ飲みしながら「これからも諦めず、この目標を成し遂げるまではコンサートに足しげく通わなければいけないってことですね私達。馬ー鹿、まだまだ見せてやんねぇよ!!っていう櫻井さんからのメッセージですね」っていう着地をしました(痛重いファン×2)。

登場してからのはぴねすは「え。あんな衣装だっけ?」とビデオ観てぽかんとしました(曲を聴け)。
オープニングってそれどころじゃなかったので。相葉さんとかドラえもんみたいな(こら;)。
とはいえはぴねすは定番ですよね。定番すぎて「一曲目、普通!!!」とか思ってしまいましたが(笑)、それだけコンサートの前半を飾る楽曲になったってことなんですよね。普通が一番ってぶっさんも言ってます(何;)。
フェスティバルナイトは、とにかく松本さんが楽しそうで楽しそうでこっちも楽しくなった。
櫻井さんの「調子はどうだ東京ーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」にはテレビの前でジタバタ。あなたがいればそりゃ調子なんて絶好調だよおおおおお!!!(大号泣)
そして嬉しかったのはステゴーでした。私、これ投票したんですよ!!(えっへん)
本当に思い入れの強い楽曲だからランクインして歌ってくれて嬉しかったです。交点の先はどこだ!!
個人的ににのあいはもうちょっと傍に寄っていて欲しい(某ハモりの時)。
ラブシチュはやっぱり好き。
カメラワークが「ファン心理分かって下さってるなぁ」という見事な四分割でした。観てる画面が小さいと辛いですけどね(笑)。
これはみんなの踊りをちゃんと観ていたいんですよね。私のいた場所からだと距離的にリー松コンビのガン見しか叶わなかったので(なるべく視線外したくなかった)。三人も可愛い踊りしてるぅぅぅ!
二宮さんの某可愛いポイントは「それはカッコイイモードだぁ・・・」と少し残念。もっとあの箇所は可愛くあざとさ出してくれないと!!二宮さんには転がされてなんぼなんですよ!(持論)
ふれんどしっぷとしぇけは、もうもうこれこそ永久保存版!!ジャニーズジュニアIZMが未だに色濃く残っている嵐さんが私は大好きです。
バボちゃんを彷彿する赤いおててはなんだかんだ相葉さんが一番似合っていたけれど。笑
しぇけはもうね、松本さん・・・・・・・なんて淫らな!!という(違いますよ;)
股間を使ったパフォーマンスは私は大好きです。いや、この発言=変態扱いしないで下さいね!!だって言い方難しいけれど、やっぱり“男性らしさ”を強く感じられるじゃないですか。いやいや、だから変態じゃないです!焦
つーか櫻井さん、昔はなんていうかダイレクトに握ったりしてたって聞きましたよ?それ思ったらずいぶん落ち着いてくれたものですね!!いい子ちゃんになっちゃって!!馬鹿!!←
でもいざ会場では自担の腰ふりは直視できなかった。直後に大ウケして笑い出してくれなかったら私はどうにかなってた(真顔)。
しぇけ中に松本さんが片っ端からメンバーにモーションをかけていくのは正直に萌えました。オタク風に言うと「もっとやれ」ってやつです。ただ一番萌えたのは、


松本さんが櫻井さんにだけは一切触れようとしなかった(真顔)。


肩を組むどころか袖すら触れなかった。リー松コンビ(最上級)との差!差!!なんだこの距離感!!逆に萌える!!(壊)
なんていうかジュニア時代からしみついた松本さんの櫻井さんへの恐怖心が如実に出てる気がします。バンビーズのこの距離感、たまりませんでした。「翔くんにはできないな」っていう遠慮がダダ漏れしてますよ。やだもうさっすが☆←
DVDでもやはり松本さんの裸にはドキドキ。

アルバム曲部門一位はえなじーそんぐでしたね。私はこの楽曲、もちろん好きなんですが。正直、素直に喜び辛いものでした。これがBWの特別盤に収録されているものでなくて、別のパッケージ、それか最初から入っている楽曲ならもう少し違っていたんですが・・・とても複雑です。いや、大好きなんですよ。でもなんか・・・人気ランキングじゃなくて最新ランキングになってない?
カップリング曲部門一位はstill...。これも私は大好きです。ただDVDで改めて観ると、だんだん私が最初にこの楽曲へ抱いていた印象と変わっていってると思ってしまいました。いや、あくまで個人的な見解ですけど。
もう少しこの楽曲って悲しいというか。重いものだと思ってたんですよね。もちろん、見えない未来に希望はちゃんとある歌詞ですけど。それがなんか変わっていて、軽くなっているような。人気があるのはいいんですけど、だからこそ、ちゃんと、大切にしてほしいなって思います。
それでも私が現時点、目の前で聴きたいラップナンバーワンはこの楽曲ですけど(爆)。

松本さんの松本さんによる松本さんのための俺フェス。
ぐりーんとへいへいをどうしても聴きたいと思っていたので、最後に収録して下さって本当にありがとうございます!嬉しい!あとスケッチは大野さんの「絶対嘘だよ」がとてもお気に入り(笑)。←

二宮さんソロのぎみっくげーむ。ちょっと贅沢を言うと、もう少しあざとい演出を期待してました(笑)。
ドリアラのぎみっくげーむが本当に素晴らしすぎたので。がんばって再現して欲しかったなと。
もはやどりあらは「記憶」でしかないので、どこの演出が今回とどう違うのか、どこが同じなのかなんてことまではさすがに覚えていませんが。少なくとも金髪でなかったことだけは覚えています。黒髪の、きもちさらっとした髪であの演出だときっと完璧だったかもしれない。黒だとやっぱりスレていない印象受けるから。あと、首筋の演出も、もう少し艶めかしい舐め方していたかな。いや、私本当に変態じゃありませんからね(二回目;)
大野さんのRainは、語弊を恐れずに言うと、久しぶりに大野さんの本気のダンスが見れた。笑
最近、大野さんの歌やダンスを「得意」というざっくりしたカテゴリでまとめすぎだと思います。得意とかじゃない!!歌やダンス=大野さんなんだよ!!と大野さんファンでもないのに偉そうに言ってみる(すいません;)。
あの独特の、一般的なカウント完全に無視した大野さんのダンス。大野さんファンのお友達によく講釈を受けているから分かるんですが、そういう「これぞ大野さん!」というダンスが本当に久しぶりに見られた気がします。それでもお友達に言わせると「まだまだ!」っていうかもしれない。何よりもとっぷしーくれっと推しですから(笑)。

ソロの後はDJ×MJのコーナー!!
私が今回この嵐フェスDVDを買った目的の八割・・・いや九割がここに!!←
まじかるまさき(もうここまでが名前な気が笑)が何度見ても可愛い!!雅紀ドットコムがなかなかに面白い演出に使われてます。そういえばあったなぁと思いだす。
そして大宮SKOSHI!!もう何度となく腹抱えて笑いました。
映像では映っていませんでしたが、青い方が赤い方の度の過ぎた奇行に大ウケして動きが止まっていました。なくて残念!でも松本さんがこのコーナーであんなに笑っていたのは知りませんでした。操作どころじゃないですよね、あんな間近で見ていたら。笑

そして舞台裏ではスタンバイしながら櫻井翔(敬称略)が大爆笑

という画が欲しかったです先輩。大好きでしょうよ、きっと。←

とはいえ遂に大宮がDVDに入りましたね。面白いけど・・・入れないで欲しかったなぁというのも少しあります(苦笑)。
うら嵐マニアでもぐりーんやスケッチまで入れなくても・・・と思いましたけど。
大宮は・・・・・・あんなだけど、神聖なものというか(笑)。本当にファンしか知らない、誰にも彼にも知らせる必要は絶対にない、というかぶっちゃけみんなに知られてもったいないよ!!!と非常に狭量な私の心が叫んでます(笑)。大宮を初登場からよく知っている人達のために、あれだけは嵐がどんなに有名になっても人気になってもマイナー時代の残り香としてそっとしておいてあげて欲しかったなというのがあったり。だから面白いけど、もったいないです。


で、大宮が消えた直後。
ひっぷぽっぷぶぎが流れ出した瞬間、私とお友達の第六感が緊急警報を発令。これ・・・これ・・・
これだよおおおおおおおおおおおお。これだよおおおおおおおおおおお。
これが観たかったんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお。
さくらいさんが、といだつめかくしきばをむくさくらいさんがあたまのてっぺんからつめのさきまでひっぷほっぷ、ざ、しょう!!なモードでとうじょうしたときのわたしとおともだちのせいしんじょうたいったらああああああ!!!

さっきも少し書きましたが、松本さんと櫻井さんの距離感の中、二人でDJセットを挟んでりまーかぶるって!!松本さん、さくラップ好きだとは知っていたけど、まさかこんな!!
櫻井さんにりまーかぶる一人で歌わせるとか、どんだけ!!どんだけ粋なんだよぉぉぉ!!デモテープ聞いてるみたいなもんだよこっちとしては!!嬉しすぎるったらないよおおおおお!!!!
当日私がこの瞬間にどんだけテンションがおかしなことになっていたか、これでお知らせできて本当に良かったです(爆)。終始C&Rにありったけの体力注ぎ込んでましたからね。異常なほど叫んで発狂して飛び跳ねてましたからね。まわりとの温度差ほんとすごかったんです。
その後にトレメンタ放り込んでくるとか、予想外だった!!も、もう残ってないよ!体力さっき使い果たしたんだよ私は!という状態でした。
ああもう本当にこの瞬間のために買ったよ。このDVD買ったよ。嵐フェスさいこーーーーーーーーーーーー!!!

って、まだまだ終わってないんですが既にこの時には疲弊しきってましたよ私。だって誰が予想したんだちくしょう、こんな私得なコーナー!!(勝手;)
時計じかけは、意外と良かったんです。「どうせならスパイラルがよかった」と文句言ってましたが(自重;)。
お陰でうっかりここのラップで私、腰から崩れ落ちたんです(笑)。お友達に「大丈夫?」って手を借りました。もうその時に体力を完全に使い果たしてしまっていたので。支える足腰が弱り切っていたんですね(笑)。目をぐるぐるさせる所でガクンと、対処できませんでした。いい思い出だ;

栄えあるシングル曲一位のふぇいすだうんは、特段実際に観た時から印象は変わらず。やっぱり惜しいな・・・楽曲。もっと、もっと何かできる楽曲だと思うんですけど・・・。そして一位っていうのはやはり解せない!!アルバムの時も書きましたが、新曲順ランキングじゃないよね?人気順??余計解せないよ!!!(いつまでも言いたい放題)
あいずは、次回もしコンサートに入る機会がありましたら、ふりを完璧にしておきたい。未熟ですいません(そんな思い出)

最後の挨拶、松本さんの挨拶の時に雨が降り出したってことはここも21日なんですね。
DVDだとあまりガサガサ感は無かったんですが、その場にいた私としては「こんなもんじゃなかった」と言えます。このシーンは見るだけで本当に泣きそうになります。
松本さん、本当にすいませんでした。でも忘れちゃいけない!!カッパに限らず、我々ファンはもっと会場の空気ってやつをちゃんとよめるファンにならないと。
そう強く確信した嵐フェスでした。DVD観て、改めて思い直しました。


そんなところでお開き。
かなり長くなりましたがご清聴ありがとうございました。笑
まだまだ嵐フェスDVDで楽しむぞーっと。
もう今年も四日かぁ・・・ほんと早い;
ぽっぷこーん行けなかったんですが、このDVDで寂しさを紛らわします。

拍手[7回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
おなじくひとりあらフェスです
どうも、びわです。
嵐フェスで感じたのは、2時間ほどのDVDを一晩で見る体力がなくなってたということです←
トラブルあたりで一回記憶が途切れました(笑)

知らない間に松本さんがどんどん美人になっていて、私は画面の前で愕然としました。なんであんなに終始笑顔なんでしょうか、とライブDVDを見るたびに思います。実はあまりライブでゴキゲンな松本さんに会ったことがないので…。
しかし、これがブルーレイだったら、どうなっていたことか。あの高画質で麗しいじゅんくんに私は耐えられるのだろうか。
いや、でも嵐のブルーレイ化は是が非でも叶えていただきたいんです。いつになったら、ブルーレイになるんですか、ジェイストームさん。
前半後半でディスク帰るのが本当に面倒くさいんです。(どうしようもないやつでごめんなさい笑)

正直、BWは雰囲気の重たさについていけなくて、つまんないなんて思ってしまっていたのですが、「やっぱり楽しくなくちゃライブじゃない!」というのを見れたことが良かった。これが本当に良かった。

私にとっては嵐フェスは松本さんを惚れ直す一枚でした。ごちそうさまでした。DJ×MJやら、しぇけやら、りまーかぶるやら、もうたまらんでした。
というわけで私の方からそちらに馳せ参じますので語りあいましょう!(笑)

長々と失礼いたしました。それでは。
びわ 2012/12/27(Thu)23:55:09 編集
お返事to びわさん
やー!びわさんも、とってもDVDを堪能してますね!!素敵です!!笑
松本さんがゴキゲンか否かっていうのは私的にはちょっとまだまだ未熟ゆえに分からないんですが、、、びわさんがそう仰るならきっとそうなんでしょうね!!なんかそういう、細かいところも是非語りたいと思います!!笑

確かにブルーレイ、早く発売して欲しいですね。画質的にというのもありますが、私もディスクをいちいち変えるのはとっても面倒です。おかげでふぇいすだうん以降はまだ一回しか観ておりません(堂々とは言えない;)。
BWに至ってはまだ買っていないんです(こら;)。

高知に?わざわざいらしてくれるんですか?笑
もう本当に何も無い場所なんで、あまり地域性に期待はされないほうが!!←
2013/01/03 16:21


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
ブクログ


私の趣味の傾向が一目で分かります。(笑)
嵐さんのCD・DVD(音楽ジャンル)はこれに含みません。
最新コメント
[05/25 うほあらし]
[05/25 びわ]
[05/15 りこ]
[03/12 杏依]
[01/05 杏依]
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
高知県生まれ。在住。学年的には末ズ-1歳。
関西を転々とした後、現在は県内で接客業。
でもそろそろフリーとして活躍できる職に就きたい。
嵐さん関係のプロフィールは、リンクより「はじめに」からどうぞ♪

an isosceles triangle=二等辺三角形
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]