忍者ブログ
こちらは櫻井翔さん、そして勿論嵐さんみんなが大好きな管理人による大変な自己満足blogです。 初めてお越し下さった方は閲覧前にリンク項目から「はじめに」のページをお読み下さい。
[464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [457]  [456]  [455]  [454
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます!今日は遂に“DOME+”のフラゲ日ですね。
私は今回に限りあまぞんさんで注文しているのですが、うまくいけば今日のうちに観られるんじゃないかと期待しています。
昨日配送メール来たし、大丈夫ですよね!期待してますよ、飛脚便さん!!
早く私にあの曲を聴かせなさいよって(最初に観る気満々です)。
そして今回、嵐さんが特典映像で合宿に行っているんですよね。某曲の事ばっかり頭にあったので、その辺りの情報が頭に入っていたつもりでも消えていました(駄目すぎる;)。
彼らが集まって、その空間が面白くないわけない。楽しみだよー!!

しかし。

勿論楽しみな“DOME+”ですが、私、ちょっとここで言いたいことがひとつ。
事の発端は先日更新のオトノハにあります。


なぜそれを通常盤のブックレットのみに入れる?(どーん)


原理は分かってます。ブックレットというものが通常盤にしか入っていないからそういうことになったんだと思いますけど。
でもそんな本邦初公開の貴重な歌詞の入った冊子をさらっと通常盤に入れるなんて、“私の予定”外にもほどがある!!!
私がどれほど“Atttack it!”の歌詞を切望していたか分かってないよ、J社さん!!(完全に言いがかりですがおつきあい下さい)
「あ、こう言ってたんだ~♪」レベルの待望じゃないですよ、この曲に関しては!!(完全に言いがかりですがおつきあい下さい②)
エンドレスリピートをしながら櫻井さんのコトバ――“詞”――の隅々までを噛みしめて噛みしめて噛みしめるという、5×10発売当初からの私の夢にそんな――そんな5600円なんて具体的な値段がついてしまうとは!!(完全に言いがかりですが(以下略)

5×10の通常盤ブックレットにも前回の“STADIUM”にも入らなかったこの歌詞が何故に今回の通常盤に入るのか…。大人の事情はよく分かりませんが、オトノハを観た時、

このブックレット欲しさに二枚買うファンって7・8割の確率でサクラップ好きさんじゃね?(爆)

と、J社さんのピンポイント戦略(さして深い意図はしてないかもしれませんが)に震えてしまいました;;
たかが歌詞カードかもしれませんが、されど歌詞カードですよ。だって聴くだけじゃ分からない事ってあるじゃないですか。例えば、その歌詞をどう“表記”しているのかとか。
昨年のDOMEに参戦させて頂いた時に確かスクリーンにこの歌詞が出ていたと思います。でも目の前で繰り広げられる嵐さんの生ラップワールドの魅力には勝てず、スクリーンは諦めてご本人達ばかり観てしまったんですよね…(ファンの性;)。
でもちらっと観ただけでもこの歌詞、すごく感動したんです。“コトバアソビ”が本当に愉快で!!
いつか歌詞を出してくれる筈だとは信じていましたが、まさかのこのタイミングで出されるとは思いもしませんでした。わー、ホントにどうしよう;;;
件の“Atttack it!”とか、ドリアラの“Once Again”とか思い出しますね。今回の事も、別段初めての事ではないパターンですけど…でもなぁ、5600円ってなぁ…。同じ内容のDVD2枚あってもなぁ…。
こうやって悩んでる時点で重症なのは、言われなくても自分でよく分かってますが…。おおおおおお、ホントにどうしよう;;;;;
今回逃したらもう二度とチャンスは無いんでしょうか?ひょっとしたら、ちょっと待ってると別の形で歌詞が手に入ったりして…?
そうだ。ここなんですよ。もう一歩「2枚買ってやるぜ、へへんっ!!!」と踏み出せないのはここの点にあるんです。どうなの?どうなの、J社さん!!
もしこれがDVDではなくアルバムだったらもっと真面目に検討したかなぁ・・・(リアル)


以上、「J社さん、ちょっとそこに座りなさい」なお話でした。
基本的に物事の捉え方が重い傾向にあるもので、徹頭徹尾ただの“言いがかり”です(自覚)。

ところでアルバムの詳細も公式で発表になったということで行ってのぞいてきました!
私的警戒警報に引っかかったのは“Rock this”と“Joy”でした。か、かまされる!!とんでもないものかまされる予感する!!笑
初っ端を飾る曲は基本的に構えておかないと大変ですよね!!
あと様々なブログさんで話題になっている大野さんソロ曲“ Hung up on”は事前に語っておかないとですね。

まさかの櫻井さんラップ提供!!!キターーーーーーーーーーーーーー!!!

もうこれ以上のコラボはありません!!しかも大野さんっていうのがまた!!笑
コンサートで披露されるとすればどういう形になるのか気になる所ですね。
これから雑誌等でアルバム詳細を語る機会が多々あるでしょうが、その時の櫻井さんの顔が非常にしまりのないものになるんじゃないかと心底心配です(櫻井さんを何だと;)。

提供と書きましたが、実際に歌うのは櫻井さんなんですよね。大野さんがラップを奏でるというわけではないようです。
でも実は様々なブログさんで「あ、大野さんが歌うんじゃないんだ」という感想を沢山見ましたが、私ははなから「え、勿論歌うのは櫻井さんですよね?」とその点は信じて疑いませんでした。
いやもう、本当にこの点に関してはすいません。大野さんソロなんだから大野さんが歌うと考えるのは至極自然な流れである筈なんですが。それよりも真っ先にお二人のソロコン…“俺たちのSong”みたいな形式が浮かんだので、ついそう思ってしまいました。あれ?タイトル合ってるかな;(このコンには参加していないのでうろ覚えです;)
逆に櫻井さんのソロに大野さんがコーラスで入っているとか、そういう事もあったりするんでしょうか。
でもそれだと本当にお二人のソロはソロであってソロじゃない形になりますね。心底、大野さんと共に舞台に立つ櫻井さんの顔が(略;)。
とはいえ私は過去何度も書かせて頂いたと思いますが、嵐さんのラップはみんな好きなので。大野さんのラップは是非とも聴きたいっていうのが、本当に本音です。
また先の話ですが、アルバムは櫻井さんですが、コンサートでは大野さんが歌うっていう可能性もあるかもしれませんよね。さくラップ好きの私ですが、そこは全く不満に思いません☆
いやでも櫻井さんがせっかくの大野さんとのコラボをそんなみすみす逃すような事はしないかな…←

あと話の流れ的に櫻井さんのソロ曲。“このままもっと”なんですが、タイトル的に“ Touch Me Now”的な楽曲なんじゃないかと思って今から鳥肌がとんでもないことになっています(真顔)。

ほら、昨年の“禁忌”の事もありますし…。このままおとなしくなるような人じゃない気がするんです。笑

拍手[17回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
まー、翔くんファンはうれしいでしょうね。
でも翔くんのソロに大野くんのフェイク入ったら嫌でしょ?
それと同じことですよ。
1年に1回の楽しみなんですから、ソロは。
全く知らない人の声ならともかく、メンバーの声がちょっとでも入るとソロと思えなくなる。
通りすがり 2011/06/15(Wed)03:19:01 編集
お返事to 通りすがりさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
“通りすがり”なのでご覧下さる事は無いのかなと思いましたが、それでもお返事させて頂きますね。

確かに大野さんソロに関することを少し櫻井さんファン視点から語りすぎてしまったかもしれません。ブログ開設から4年突入していますが、未だに偏りのある文章を書いてしまう所がちっとも直っていなくて;
ご気分を害されたようで、誠に申し訳ありません。

ただ、他メンバーの声が入る事についてそれが「嫌」か「嫌でないか」のどちらかに尽きてしまうのは少し違うかなということを、逆に櫻井さんソロに大野さんのフェイクが入ることを想像した上で思いました。
それによって“ソロ”というカテゴリからは少し離れてしまうことは確かですが、現段階でそれがマイナス要因になるかどうかは聴くまで分からない事だと思ったんです。
それにもし楽曲と合ってないなと大野さんが思ったのなら、櫻井さんのラップも楽曲の中にはそもそも入らなかったと思いますし。“Ready to fly”の時がそうであったように、義務感から取り入れるような方ではないと思うんです、大野さんは。だからこの大野さんの判断も含めて、私は本当に大野さんのソロを楽しみにしています。
そしてまた逆もしかりです。大野さんの声が櫻井さんのソロに入っていたとしても、「自分も大野さんのソロに声入れたから…」という出会ったばかりの人間同士がするような社交辞令で大野さんの声を取り入れたりするような方ではないと思うんです。

まだまだ櫻井さんファン視点が抜けてませんでしょうか(かもしれない;)。私はまだ楽曲を聴いていないのでこれは非常に偽善的な考えかもしれません。
しかし少なくとも「好き」か「好きじゃない」かを決めるのは聴いてからにしたいなぁと思います。
2011/06/17 14:44
無題
大野さんファンとして、一言。
今回のアルバムの、大野さんソロに櫻井さんのラップが入ったことは、正直残念に思っています。
でもそれは、櫻井さんの声が入ったことがイヤだからではなく、ラップを歌うのがあまり得意ではない(風を装っている)あの大野さんが、自らのソロ曲にラップを組み込んで歌うのではないか、という期待を裏切られたが故なのです。
なので、個人的にラップを櫻井さんが歌っていると知った時には、「そこはソロ曲なんだから大野さんに歌うよう促すべきでしょ!?」という理不尽なことを思いました。(笑)
主体に何を置くかによって、見方(考え方或いは想い)は様々あって然るべきだと思うので、これからも櫻井さんファンとして、ご自身の感想を発信すれば良いと思いますよ。
あゆみ(仮名) 2011/06/17(Fri)19:41:36 編集
お返事to あゆみ(仮名)さん
初めまして!
大野さんソロに関するお考えを聞かせて頂きありがとうございました。
やや私のブログは主体を一方に置きすぎている感がありますが、それでもここまで来てマニュフェスト変更!!っていうのは違和感絶大ですし(笑)実行し得ないと思います。
お言葉に甘えてこれからもこのようなブログのまま突き進もうかと思いますので(ちゃっかり)、宜しければまた遊びにいらして下さると嬉しいです。
2011/06/20 01:09
歌詞
どうもお久しぶりーふなchocoです。

Attack it!の歌詞が通常盤のブックレットだけって、ヒドイですよね。
ジャニーズはこういうの毎度のことだけど、やっぱりヒドイ(;_;)

前に、どこぞのblogで歌詞を見つけたので、答え合わせをするつもりだったのに・・・(;^_^A

わたしはよく『うたネット』と言う歌詞検索サイトで歌詞を調べるんだけど、CD化されてなくても、紙媒体で歌詞が出ている曲もUPされてたので、そのうち載るかなぁとか期待してたりします。

ちなみに、通常盤はインタビューの内容が違うと聞きました。
つまり、ブックレットとインタビューのお値段みたいです。

でも、本編同じだし(苦笑)
智の記憶でも収録してればねぇ。
choco URL 2011/06/17(Fri)21:50:13 編集
お返事to chocoさん
こんばんは。コメントありがとうございます。そしてお久しぶりです。

今回の通常盤はブックレットだけでなく、インタビューも違うんですね!そこは初耳でした!シークレットインタビュー的な?笑
でも仰る通り…本編がまったく同じという点はやはり引っかかる所です。って、本編が変わるっていうのもまたエラいこっちゃなことではありますが(そうですね;)。
大野さんの誕生日のくだりですね。それが入っていれば確かに「よし、買ってやるか!!」と、上から目線ながら思うと思います。又はシークレット嵐さん強化合宿とか!!
でもいつか結局買ってしまうんだろうなぁと自分で自分の未来が見えています。色々と控えているので今すぐというわけにはいきませんが(万年金欠;)。

私は面倒くさい事に、ネット上にあがっているものをあまり信用できない性分なので(笑)、やはり手に取って見たいと思ってしまいます、櫻井さんの歌詞!
まぁこの拘りが金欠の最たる原因なんですけど(爆)。
2011/06/20 01:22


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブクログ


私の趣味の傾向が一目で分かります。(笑)
嵐さんのCD・DVD(音楽ジャンル)はこれに含みません。
最新コメント
[05/25 うほあらし]
[05/25 びわ]
[05/15 りこ]
[03/12 杏依]
[01/05 杏依]
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
高知県生まれ。在住。学年的には末ズ-1歳。
関西を転々とした後、現在は県内で接客業。
でもそろそろフリーとして活躍できる職に就きたい。
嵐さん関係のプロフィールは、リンクより「はじめに」からどうぞ♪

an isosceles triangle=二等辺三角形
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]