忍者ブログ
こちらは櫻井翔さん、そして勿論嵐さんみんなが大好きな管理人による大変な自己満足blogです。 初めてお越し下さった方は閲覧前にリンク項目から「はじめに」のページをお読み下さい。
[229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ザ・クイズショウ」も折り返し地点!5話に突入!!
そしてこの感想も遂に5回目ですよ(笑)。
引かれること必至で書き始めたものですが、それでもご覧になってくださってる方!いつもありがとうございます。もうホント、

こんなに自分の変態さが浮き彫りになってくるドラマ、
そうそうあるもんじゃないですよね☆
←同意を求めているらしい。


***

前回の白部屋率が低かったせいか、今回はそれを挽回するかのように密接度が半端無かった。。。
とにかく本間が部屋に来てくれて良かったです。やっぱりね、あの二人が居てこその白部屋だと思いますよ(笑)。
「真実を知りたいなら、あの場所に立ち続けろ」という本間の台詞は、非常に意味深。
そしてミサキを殺したのが本当に神山なのかどうかも、ちょっと分からなくなりました。
漠然とではありますが、彼女が自分にとってとても大切な人だという自覚だけは取り戻してきたのかも。
その感覚を持ちながらの「そんなはずはない!」という台詞は、とても苦し紛れのそれには聞こえなかったので…私はこの彼をどうしても信じてあげたいです。
というか、この事件の真実を、本間は知っているのでしょうか?
実は彼も、記憶喪失に陥りはしなかったものの、真相は大して知らなくて・・・毎回ゲストに迎える出演者達と神山を関わらせることで、彼の記憶を呼び覚まし、そこから真実を知ろうとしているのかもしれません。
神山が全てを思い出すことで大きく変わるのは、当人の神山だけでは無いのかも。。。
まぁあくまでこれは私の推察に過ぎませんが、やはりこのドラマの最大の鍵は、本間がしっかり握ってまだまだ離さないようです。

フッ。そして、さらりと流せはしない学ラン櫻井さんには盛大に萌えさせて頂きました(遠い空を見上げつつ)。
いいな…ブレザーじゃなくて学ランってのがまたいいな…vv
んでもって、隣にいるミサキのポジションが、これでもかっていうくらい美味しすぎます(爆)。
私はこの学ラン着用まだまだ余裕でオッケー!な27歳男子に、一体どこまで転がされればいいのか。
どうも1話からノンストップで、しかも加速度つけて転がり(堕ち)続けてる気がするんですが…
あーあ・・・白部屋に白着にタキシードに赤チェックに、更には学ランって。。。どんだけだよ!!!!(完全なる逆ギレ)

さて。今回のゲストは、お医者様!!
と、その前に。招待状を渡す時、「クイズショウ」の名前を聞いて、友部さんも周りの医師たちもどよめいたのが非常に印象的でした。
今まで音に聞くだけだった視聴者からの「賛否両論」が、ここで初めて目に見えることになりましたね。
この招待状が届くということは・・・そういった脅威のような存在に番組がなってきつつあることは間違いないようですね。そういう意味では、確かにそろそろ本間のやり方にも限界が近付いているかも…。
そもそも今回の監視カメラの映像は、相当笑えないですよ。。。

神山が放送中に悶絶する。今回はそういったものは一度として見られませんでした。

けれど、今回が今までで一番不安定だったのは間違いないです。

どこか余裕が無いというか。。。まだ白い部分を残したまま、無理矢理黒い自分を演じている。いっそ、痛々しいともとれる表情が、一貫して続いていたように思います。
調子のいい笑顔も挑発的な表情も、ちょっと突っつけば簡単にメッキが剥がれてしまいそうなほど勢いの無いもので、こんなことで友部さんにきちんと対峙することができるのか、非常に気が気でなかったです。
席に促した後に、友部の様子をじっと窺うような表情。
その表情に、まだきちんとスイッチが切り替えられていないんだなぁと、この先の展開に一抹の不安を感じました。
そしてやはり、過去に神山と会ったことがあるらしい友部。
彼の傷は彼の罪を暴く材料となるものではなく、実は神山に深く関係することだったんですね。
友部の関わり方は、今までの比でないくらい深いものです。
どこかで会ったことがある事実どころか、名前まで覚えているんですから相当ですよね。

しかし、神山はどうして「僕と何処で会いましたか?」とゲストに聞かないんでしょうね。
友部に限らず、前回の浅野さん(また役者さん名;)の時もうそうです。
生放送中だろうが何だろうが、いつもの調子でかる~く聞けば、多少の謎が分かるはず。
そもそも今回、友部を席に促す際、いつもより険しい表情で彼のことを見ていました。私はその表情を見て、彼なりに、真実のヒントをこの男から少しでも得ようと窺っているんだと思いましたが。。。いざとなったら、ハッキリと真実を聞くのが怖いんでしょうか。。。
誤魔化すように番組を無理矢理進行させて。一体彼は何をしたいのかが、時々分からなくなります。

そしてラスト。
「無意味な命」「死んでもいい命」があるのだと主張する友部に、神山は何故あそこまで怒ったのか。。。
もちろんただの正論を述べるだけなら、「そんなことない」の一言でしょうが、何だかそういうんではなく、神山はそれを自分――又はミサキに重ねてるのかな、と思いました。
自分(彼女)には生きる権利があって、人生を全うする権利がある。
正論を伝えながら、つい自分の言い分をニュアンスとして含ませてしまい、その感情の昂りが、友部への張り手へと繋がったのかもしれません。

今回の5話は内容が濃すぎて…まとめるのが本当に大変でした;
触れてない部分も多くありましたが…各シーンもれなくと言っていいほど思うところがありました…。

***

「あなたの夢をかなえます」が本当に本当に力なかったですね。。。私、うっかりハケ終わる前にバッタリ倒れるんじゃないかと思いました☆(何故嬉しそう;)
装置裏で力無く座り込む神山!!思わずぎゅっと抱きしめてあげたくなりました!!(笑)
そして私、今回で気付いたことがあります。どうやら私、

白部屋じゃなくても萌えられるみたいです(大真面目)。

本間さんに怯える神山が、めちゃめちゃ可愛いです!!
身体を震わせて、声がうわずって!!ああっ!!もうホント可愛い。。(デレッデレ)
いつもあの場所で迎えが来るのを待っているんでしょうか。
ぽつんとスタジオで座り込んでる姿にも、無条件にキュンときましたvv

このままだと、黒い本間と白い神山が居ればそれでいいのかお前は的な結論に落ち着きそう…orz

あ、あと神山が本間に敬語使うというオプションも頗るたまらんです(しつこいです)。

***

来週は、戸次重幸さんの登場です!!※メインゲストは堀内さん(ニート)ですけど。

この期に及んで「王子ーーー!!!!」だなんて呼びません(爆笑)。
今更ですが、戸次さんは前作――深夜枠の「ザ・クイズショウ」で本間役だった方です!!
予告見て、ひいいいいいっ!!!!!!!!!とあまりの面白さと恐ろしさに(この二つが共存できる奇跡)身体が震えました。まさに、新旧本間の共演!!
私の友達に戸次さんのマジガチファンが居まして♪(ガッツリ私の櫻井さんverレベルでファンされてます)
本編を見た後、ソッコー彼女とメールをしました。

「ちょっとどうする?妄想が現実になっちゃったけど?」

的な(揃って大馬鹿すぎる)。

いや、そもそもゴールデンキャストが決定した時に、彼女と話をしてたんですよ!何たって元本間だし、大野さんと共演されたというご縁もあるし。「何かしらの形で今回の作品にも戸次さんが出てくれたらいいね~」っていう期待を抱いていたわけなんです。
それがまぁ、実現しちゃいそうなんですからね(笑)。彼女と私とで、真夜中にお祭騒ぎでしたよ(※しかもメールでです)。
予告を見る限り、本格的に絡むのは横山さんとのようですが。ひょっとしたら戸次さんが櫻井さんの前に出ることもあるかもです!!
そうなったらまた、二十歳すぎた女が二人でギャーギャー騒ぎ立てすることになりますが(※それもメールか電話で)・・・反面、関わり方によっては私と彼女の間に溝ができるという可能性も☆(笑顔)

ま、その時は櫻井さんファンとして、彼女に立ち向かおうかなぁと(何の使命感ですか)。

しかし、これはいよいよ戸次さんが宿題くんのゲストに来る日も近いよ☆☆(超私信)

***

コメントお返事、もう少々お待ち下さいッ!!(すいませんッ;)
次回エントリまでにはお返事させていただきますね。

拍手[1回]

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
はじめまして
こんにちは。詩路と申します。
たまたまテレビをつけた時の「ザ・クイズショウ」の白い神山さんにやられて以来、クイズショウに支配された生活を送っている者です。
クイズショウの感想、すっごく楽しませて頂いてます。電車の中だろうがにやけながら読んでます。だってツボが超共感出来るんですもん!!
…はじめてでこんな話をしてすみません。でも、毎週楽しみに読ませて頂いてますので、これからもどうか素敵な感想よろしくお願いします(_ _)
詩路 2009/05/17(Sun)08:13:23 編集
お返事to詩路さん
初めまして☆同じ「ザ・クイズショウ」中毒の詩路さん!(いきなりの同類扱い)
コメントありがとうございます!
拙いドラマ感想ですが、それでも楽しんで頂いていると聞き、深夜に(精神的に)ボロボロになりながらも書いた甲斐があったなぁと(え)思いました☆
詩路さんは携帯からご覧になって頂いてるんですね。
私の馬鹿な文章のせいで、うっかり不審者に見られたりしてませんかッ?大丈夫ですかッ?(笑)

素敵な感想だなんて、私には身に余るお言葉ですが(あたふた;)、そう言って頂けて素直に嬉しいと思う自分がいます!温かいお言葉、ありがとうございます!
こちらこそ、宜しければ最終回までお付き合い頂ければと思いますので、どうぞまた遊びにいらして下さいね☆
2009/05/19 01:53
イイですっ!(^^)!
第5話のエントリーありがとうございます。
はい、私も自分の変態を再認識させられてます。

さて、第5話。やっぱり学ランですよね!
ホンッとに、こんなに学ランの似合う27歳って、信じられません。横山さんも似合っていらっしゃいましたが。
真さんに激しく同感です。

MCの衣装、今回と第3話のようなロングタイプが大好きなので、衣装的にも満足な回でした。

私が今回、いちばん切なく思えたのは(誰も訊いちゃいない)、神山が黒に切り替わるのが自力であったことでした。
薬や催眠術のような外力で白の神山を眠らせて、黒の神山を演出させられているのかなぁと思っていたので。
自力で白の神山が黒に切り替えて、且つあんなにハードな黒を維持するって、辛いだろうなぁ・・と。
ホントに、ギュッとしてあげたくなりますよね(呼ばれてない)。

戸次氏は「歌のおにいさん」でお初でしたが、ブログが面白くて今でも時々拝読させていただいております。
宿題くんにゲストなさったら、本当に面白くなりそうですね。

しかし、こんなに「2年前の事件」とリンクするなら、原作見ておかないと楽しめないでしょうかね(>_<)

お返事はいつでもいいですよ。
真さんのエントリーを楽しみにしてまーす。
はるなかあさん 2009/05/17(Sun)21:05:05 編集
お返事toはるなかあさん(さん)
5話もまたまた感想書きました☆お粗末さまでした☆
ごめんなさい、せっかくお時間割いて読んで頂いてる方を変態呼ばわりしてしまって(笑)。でも、この番組にガッシリ胸を掴まれて感情を支配されている時点で、誰しももう純粋なファンだなんて名乗ることは出来ないんだと思っているんです。
まず学ランに大興奮してるところから問題ですよね、お互い(苦笑)。
あわわ;そういえば触れていませんでしたが、横山さんの学ランも良かったですよね!
タキシードは、毎回違うんですよね。私はあまりそこに意識が向いていないようなので(顔ばっかり見てる所為かもしれません;)、気にして見てみようと思います!

今回の神山には、厄介にも本来の自我を強く残したままの本番で…はるなかあさんさんのおっしゃる通り、精神的に非常に辛い生放送だったのだと思います。
黒と白は紙一重で、どのように切り替えているのかは謎のままですが、ひょっとしたら「黒神山」っていうのは番組の生放送中にしか存在していなくて、番組が始まれば自動的に出現するような存在なのかもしれません。だからこそ、少しでも切り替えがうまくいかないと今回のようなことになるのかもしれませんよね。

「宿題くん」に戸次さんが出てくれれば、とてもマーベラスな時間が送れると思います!(笑)
ブログというのを私は見ていないのですが(友達に時々見せてもらうくらい)、きっとフリートークも面白い方に違いない!(悪意無くハードルをあげてみます:笑)

原作というのは深夜時代の「クイズショウ」のことですよね。
確かに私も気になりますが、前作を見なければ楽しめないような制作をしているのだとしたら、いくら私でも「それは残念」と言わざるを得ないです(苦笑)。
今はあまり原作の方を必要以上に気にすることはないと思いますが(深夜とゴールデンはまた違いますし)、併せて見ると尚面白い!というスタンスでなら、私も見たいと思います☆(今すぐにでも、番組終了後でも♪)
2009/05/19 21:59


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブクログ


私の趣味の傾向が一目で分かります。(笑)
嵐さんのCD・DVD(音楽ジャンル)はこれに含みません。
最新コメント
[05/25 うほあらし]
[05/25 びわ]
[05/15 りこ]
[03/12 杏依]
[01/05 杏依]
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
高知県生まれ。在住。学年的には末ズ-1歳。
関西を転々とした後、現在は県内で接客業。
でもそろそろフリーとして活躍できる職に就きたい。
嵐さん関係のプロフィールは、リンクより「はじめに」からどうぞ♪

an isosceles triangle=二等辺三角形
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]