忍者ブログ
こちらは櫻井翔さん、そして勿論嵐さんみんなが大好きな管理人による大変な自己満足blogです。 初めてお越し下さった方は閲覧前にリンク項目から「はじめに」のページをお読み下さい。
[435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430]  [429]  [428]  [427]  [426]  [425
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年も終わりですね。
当ブログにいらして下さったみなさま、今年もお世話になりました。

そこでせっかくなので2010年を私なりに振り返ってみようかと思います。
ただ、世間的に「わーーーーーーーー!!!!」ってなってる話題には私あまり食いつけなかったので(爆)、所々「は?(怒)」って思われてしまう点があるかと思われます。ご、ご了承いただけると・・・;


そんな内容でも構わないさ!と仰っていただける方はつづきからどうぞ!!
ちょっと長めなのでお気をつけて!!

拍手[0回]


2010年このドラマゴトが素晴らしかった。

やっぱり「最後の約束」じゃないかなーと私思いました。
嵐5人が主演で、清掃員になったりカフェの店員になったり。
どんだけ嵐ファンを喜ばせるんだっていう設定とクライマックスで、もっていかれましたね、度肝とハートを☆←うまくまとめたつもり。
そして櫻井さんゴトをわざわざ挟むと(爆)、意外にも櫻井さんの眼鏡は黒縁よりも縁無しの方がいいぞ!!ということを発見できたり。そしてメロンパンをかじる27歳成人男子かわゆす!!と変なポイントにときめいたり。こんなヤリ手のルックスで営業成績が最悪っていうありえない設定に愕然としたり。そもそも保険の営業マンっていう役所自体で既に限界だったりと…。己の変態さを痛感する結果となりました(爆)。
しかし惜しむべらくは、エンディングで、「空高く」のラップ部分をバッサリカットしやがったことですよね(もう年末ですが未だに根に持ってます)。
他。
連続ドラマですと「フリーター家を買う」が私の中では一番好きでした。というより純粋に楽しめた。
脚本が本当に秀逸だなぁと。人の心の負い目にじわじわくる感じですよね。笑

2010年このシングル曲ゴトが素晴らしかった。

今年はシングルが6枚も発売されるというビックリするような年でしたよね。
これに関しては私「早くさくラップつきのシングル曲を!!!」ということしか書いていなかったような気がするので(爆)、改めて。
今年発売されたシングルで一番よく聴いたのは「Monster」です。
ウォークマンで聴いたのは勿論ですが、嵐伝で初公開された時の映像はかなりリピートしました。大野さんを中心としたフォーメーションが私はやはり一番好きです。背中を向けていた大野さんがくるりと正面を向いた瞬間の男前さといったら…恍惚ものですよね。
あ、今2010年の手帳を見ながら書いているんですけど、感想メモの所に「櫻井さんの手の動きが嵐伝の方が(PVに比べて)エロくて好き」って書いてあります(恥の足跡)。

このシリーズと併せて
2010年このメイキング映像ゴトが素晴らしかった。も無理矢理ねじ込みたいです。笑
ダントツ「Monster」だと思いますよ私(W受賞)。
だってもう、ひじきコンビが超絶可愛すぎる!!!(机連打)
今年は櫻葉コンビ愛が非常に熱い一年でもありました。ザ・男友達コンビ(一番そんな間柄っぽい)って感じで、非常に微笑ましかったです。

2010年このCMゴトが素晴らしかった。

今年もとんでもない数に出演されましたね。
思い返せばレギュラー番組以上にCM捕獲に躍起になっていた気がします。
それもこれもすべて任天堂のせいですよ(爆)。
大宮のWiiスーパーマリオブラザーズを見た時は衝撃でした。ていうか画面そのものが衝撃映像でした。マリオなんて見てる場合じゃない!!(CM的には意味を成してないですよね;)
その後に、スーパーマリオカート・スーパーマリオギャラクシー・Wii Party・Wii Sports Resort・ドンキーコングリターンズと・・・。
立て続けに嵐さんが出るわ出るわ。幸せだけど、全然コンプリートできないんですけどっ!!っていう苦しみ(悦び?)に支配された一年でした。お陰で随分と任天堂に詳しくなりました。
このシリーズはどれもお気に入りですが、実は意外と一番好きだったのが最初の大宮のスーパーマリオブラザーズだったんですよね(笑)。
何か…大宮ってすげぇなぁって・・・。この関係性が未だに私はよく分からないんですが、それでも惹きつけられるものがあります。

あとは日立のCMも特記しておきたいです!!これは簡単に確保できたので、気持ちに余裕がありました。
これもやっぱり全部お気に入りです。それでもあえて一番を決めるとしたら、「リーダーのご指名篇」でしょうか。メンバーみんな、リーダーにデレすぎるっ!!
※個人部門ではまたまた私としては意外にも「食べたくてたまらない男篇」でした。笑

相葉さんのCM・・・ムヒ。間違いなく日本一ムヒが似合う男かと。「最後に使ったのだれー?・・・俺だ」が妙にツボでした。
松本さんのCM・・・エリエール。夏虹直後くらいだったので、松本さんというより大雅くんがあの後に一気に若手売れっ子俳優になって舞い込んできたCMのように見えた(笑)。鼻を噛む姿もカッコイイとかどんだけ!
二宮さんのCM・・・JCBのCM。ビックリするぐらいあほらしかったんですけど(おい)。偶然が偶然を呼んで日本が好景気になってく様は、滑稽で夢がある!!
大野さんのCM・・・ケンタッキーフライドチキン。大野さんファンのお友達とわざわざケンタッキーに行ってきました(笑)。今度はもっと甘いものをCMしてほしいです。
櫻井さんのCM・・・三ツ矢サイダー。ピノも可愛らしかったですが、「サイダー男子」は今年の私の流行語大賞です。
・・・何といってもKIRINのCM!!このCMにどれだけ癒されたことか!
中でも最新の川釣りver.爽やかだし可愛いし、何より衣裳が御三人にマッチしていて最高でした!(中でも相葉さん)


2010年このカップリング・アルバム曲ゴトが素晴らしかった。

さあ今日のメインディッシュへようこそ(ぶっちゃけたな;)。

シングル曲が何かと平和だった分、カップリング・アルバム曲には歴史的天変地異が起きましたよね(真顔)。
あまり前置が長くなってもあれなので、順を追って振り返りましょう。
まず「スパイラル」
言わずと知れた「Monster」のカップリング曲です。更に言うと、2010年唯一のさくラップ入りカップリング曲です。まさかカップリング曲にすらこんなに入らないとは思わなかった・・・(遠い目)。
しかしこの唯一の「スパイラル」が本当に秀逸でした!これが無かったら私、5月~8月の間、完全に心が枯れきっていたと思います。ラップ部分自体は短いんですけど、インパクトはかなりのもの。
のっけからの「君のことなど興味ない」の超ドSラップに、身体の芯がガチで痺れた(マジ)。
そして決して忘れてはいけない存在。アルバム「僕の見ている風景」より

「マダ上ヲ」

まさか年末までこの曲の話題を引っ張り続けることはできるとは(爆)。
何がどう素晴らしいかっていうのは散々ここで書きましたし、お友達にもめちゃめちゃ語ったので、今回は泣く泣く割愛しますけれども・・・それでも私は声を大にして言いたい。この曲を世に出して頂いて本当にありがとうございましたっ!!!!!
また、この曲きっかけで随分たくさんの方にお声をかけて頂いたのも素敵な機会でした!
私だけが過剰反応したんだと思っていたんですが、何だかコメントやメールを頂くと、かなりのさくラップ好きさんがこの曲を一番にあげてらっしゃって…重症患者は私だけじゃないんだなぁと嬉しくなりました(笑)。
因みにこの曲は私の2010下半期ウォークマン再生回数1位です!!ホント馬鹿だなぁ、私!!!←楽しげに

※ところで以下は私の完全なる思い込みですがひとつだけ。
「僕の見ている風景」は、「マダ上ヲ」は勿論のこと、「Mov'n on」「let me down」や「Summer splash!」など。本当に本当にビックリするほど力強く・且つ櫻井さんの魅力いっぱいのさくラップが入っていました。
2010年、さくラップ好き人間的にこれほど「キターーーーーーーーーーーーーー」と思った瞬間は無かったと思います。
でもひょっとしたら櫻井さんも同じだったんじゃ…と思わないでもない私です。
このアルバムの沢山のさくラップにはなんとなく「どうだっ!!!!」っていう櫻井さんのやや強気な気持ちがつまっている気がしてなりません。
「Believe」以来ほとんどさくラップの入った曲が発売していないのは・・・単にお忙しいというのもありつつ、そういう方向に嵐さんの楽曲がシフトチェンジしはじめているんじゃないでしょうか。
勿論、ただの杞憂かもですけどね!!杞憂は杞憂のままで終わるのが一番の世界平和(爆)ですから余計なことは言いませんが…。でももしその影響での今2010年シングル事情だったとしたら・・・何ていうか私はどうすりゃいいんだって…。
私を含め、さくラップの無いシングルは好きじゃないなんて思考はさくラップ好きは決して持ち合わせてないつもりですよ(話の流れ的に矛盾しているかもしれませんが)。
けれど櫻井さん好きとしては、やはり、嵐5人で歌って踊って、そんでメインボーカルの大野さんを中心にして、そしてさくラップを楽しそうに歌う櫻井さんというものを見たいんです。
なのでそういう姿が明らかに激減した今、あまりさくラップを作る機会が無いのだとしたら・・・久しぶりのさくラップ全開のこのアルバムで「どうだっ!!!」と存在意義というか・・・そのあり方がどれほどかという事を、思いっきり見せ付けてくれたかのように思うんです。

確実に一般論からは大ズレですけども(爆)。私は2010年、このアルバムが出てからというもの、地味にそんなことばかり考えていました。※生まれついてのネガティブ思考。
単にさくラップが入っていない!!という文句もありつつ…このままじゃヤバイぞ;という危機感もひしひしと感じておりました。重すぎる、重すぎる私;
2011年はさくラップ入りシングル曲を切に願いつつ…嵐さん楽曲の方向性をなんとか軌道修正できないかな!という野望も視野に入れておこうと思います。
とはいえ私は革命家でも、多大なる影響力をもつ人物でもないので、どうこうできるわけが無いんですけど(爆)。
とりあえず今日の紅白で歌われるという新曲を聴いてみまして、色々と自分なりのスタンスを整えていこうと思います!!

× × ×

2010年を振り返ってみて、最後の最後にこんなに重くなってしまいまして申し訳ありません;
でも色々ありました、2010。
ツイッターもはじめてみましたし、10月には幸運にもコンサートで嵐さんを生で見ることができました。
あと、今年は新たに3人の嵐友さんと出会い、実際に会ってお話をするという機会も設けることができました。
何だかあっという間に過ぎたような一年ですが、振り返ってみるとなかなかに濃い時間を過ごせたように思います!!
来年で、私も嵐さんに心を奪われてからやや4年になります。
まだまだ嵐さんの長い歴史に比べれば小僧丸出しな感じですが、どうぞ来年も温かい目で見守ってくだされば幸いに思います。


それでは今から実家に帰省します。
実家にはパソコンが無い上に携帯の電波状況がすこぶる悪いということもあって、紅白や新年の特番のツイッター実況中継などには一切参加できないと思われるんですが(がっかり;)、ちゃんと見ますよ!!

それではみなさま良いお年を☆
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
ブクログ


私の趣味の傾向が一目で分かります。(笑)
嵐さんのCD・DVD(音楽ジャンル)はこれに含みません。
最新コメント
[05/25 うほあらし]
[05/25 びわ]
[05/15 りこ]
[03/12 杏依]
[01/05 杏依]
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
高知県生まれ。在住。学年的には末ズ-1歳。
関西を転々とした後、現在は県内で接客業。
でもそろそろフリーとして活躍できる職に就きたい。
嵐さん関係のプロフィールは、リンクより「はじめに」からどうぞ♪

an isosceles triangle=二等辺三角形
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]