忍者ブログ
こちらは櫻井翔さん、そして勿論嵐さんみんなが大好きな管理人による大変な自己満足blogです。 初めてお越し下さった方は閲覧前にリンク項目から「はじめに」のページをお読み下さい。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2011年7月24日、“ARASHI LIVE TOUR Beautiful World”京セラドーム公演へ参加してきました。

そしてこの興奮と感動を―――若干恒例ではありますが、レポ(+感想)として文字で残しておきたいと思います。
今回も相当なチケット争奪戦で。
おそらくほんの僅かな差で参加することができなかった方に、少しでも様子・雰囲気をお伝えできるのではないかと…そんな思い上がりをしながら(笑)このようにブログに公開させて頂く次第です。


当然、ネタバレですので、これから参加される方はどうぞお気を付け下さいね!!
それでは続きからどうぞ。

拍手[21回]

PR

こんばんは。
アルバム発売から軽く一週間くらい経とうとしていますが、まだまだアルバムはエンドレスで堪能中です。
今回は割と早々にシャッフル再生にして聴いていまして。
次にどの曲が登場してもテンションがあがる!!つまりもうもれなく好きな楽曲ばかりのアルバムです。



"Rock this"の"Hey!"からはじまる以下11行がまったくもってけしからん!!
これだから嵐さん全員のラップ大好きなんですって!!でも"We're like スサノヲ"は抜きんでてけしからんですよ。やられた!!!
この一文に発狂しなかったさくラップ好きさんはどれだけいますか?私、限りなくぜーろーに近いと踏んでるんですけど(真顔)。

“まだ見ぬ世界へ”は何よりPVの存在がでかいです。衣装もダンスもよかったな…。結局感想書けなかったけど(残念ながら;)。
そして櫻井さんのラップ登場が異様に早いのも気になる。笑

"shake it !"の松本さんが好きすぎて結構真剣にYabaiです。
初めて聴いた時に「可愛い…」って呟いてしまいました。普段スタイリッシュで、誰よりも「表情と態度で語る男」なのに、ソロ曲になった途端のこのはじけっぷりは一体何なんだろう。
絶対衣装も面白いよこれ…。←

"Hung up on"に超絶期待していた櫻井さんファンです。よろしくどうぞ。←
ただ、そんな私ですら今回の曲は純粋に大野さんソロとして堪能しています。
すごく大野さんの力強さが出てる楽曲で、美しい歌声に聴き惚れるってこういうことなんだと再生する度に実感してます。これにダンスが加わるかと思うと、想像するだけで震えますね。
ところでイントロのラップ詞部分は、櫻井さんが大野さんを表現したものですよね。「あなたは暁の明星を思わせる…」ってことですよね、櫻井さん。いいと思います、そういう重い感じ(こら;)。

"Joy"は100パーセント嵐合宿の影響で、「ひびひびひびひび」と指折り数を数えるキャイキャイした嵐さん達しか頭に浮かばない。笑

“どこにでもある唄。”はすごく尊い。
愛とか恋とかそういうんじゃなくて、間違いなく二宮さん自身の深い深い友愛を描いているように感じます。
長い間、ずっと側で見てきた仲間。最初は10年以上共に過ごした嵐さん全員のことを書いたのかと思ったんですが、何か聴いているうちに、「ナキムシ」って言ってきた相手が、とある一人のメンバーを思い起こさせるようになりました。でも私的観点なので誰とは言いません。笑
もちろん、自分に重ねて元気づけられるって手もありますが…でもやっぱりどこか介入できない世界があるから…。聴きつつも、この頑なな友情をこれからも“ずっと”見守っていたいです。

“「じゃなくて」”は相葉さんじゃなくて女性側のセリフだと思われる。
女性の方からガンガン「あなたのことが好き。あなたも私が好きでしょ。ねぇそうでしょ、認めてよ」っていう気持ちがダダ漏れしてるのに何故気づかない!!!・・・っていう話だと思いますけど、とどのつまり。笑
「どんな子がタイプ?」って聞いたら「君みたいな子」って言ってほしいし、「好きな子いるの?」って聞いたら「君だよ」って言って欲しいんですよ。ひとりいる家庭的な女の子と万が一うまく行った時に一番つらい思いをするのは彼女なので、早いとこ気づいてあげてください。笑
ただ、この女の子が綾瀬はるかちゃんレベルのド天然ではない場合に限られますけど(そういうパターンもある。笑)

そして“このままもっと”なんですが・・・。


あの・・・。


その中でラップ詞部分なんですが・・・



正直、ここ数年のソロ曲の中で一番好きです・・・・・・・・・・・・・・



って言ったら驚かれますかね…?(恐々;;)

------------------------


以上です(爆)。

ちょっと今回のアルバムは「いざ感想を!」となると、なぜかすごく書きにくかったので、ソロ曲と、特に思い入れの深い曲だけに限定して書かせていただきました。中途半端ですいません;;


では続きに拍手コメントレスです☆☆
一週間近くお待たせしてしまって申し訳ないです;;;

拍手[7回]

おはようございます!先日発売された“ARASHI 10-11 TOUR DOME+~Scene 君と僕の見ている風景~”より「嵐の強化合宿」感想を書きました。眠い…。←
合宿は1時間ちょいなのに、感想は4時間かかりました(筆が遅い)。
これまた長いので、お気を付けて!あと感想の“内容”にもお気をつけて!笑


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐



(始まる)
夜スタートということはみなさんお仕事終わりということですね。お疲れ様です。

櫻井さんのボストンバックが超絶気になる。
たぶんこれは私が櫻井さん贔屓だからとかそういうの関係なく気になってると思うんです。
青の色が本当にきれいで、形も可愛い。これどこで売ってんの??と純粋に欲しいと思いました。
画面に出てくる度に「いや~、いいなこれ」「こういうのひとつ持っときたいなぁ…メンズだろうけど」「つーか櫻井さんに似合うデザインすぎてヤバいな(真顔)」とつぶやきの連続でした。
でも・・・・お高いんでしょ?(爆)

淡水魚専門の水族館。
え、これ台本?っていうくらい素晴らしいオチをありがとうございます大野さん(違;)。

肝試しが華麗にスルーされた。
ほんの10秒程度のやりとりをちゃんと残しておくスタッフグッジョブ。
ていうか嵐さんが集まって肝試しなんかすると確実何かが映り込みそうなんでホント止めてください(反対派)。

ちょっと待って、今「さとやん」って呼んだ?
そんな呼び方初めて聞きました。それだけですが衝撃を受けました。ええ、それだけです。笑

1位なのに5位みたいな人。
何だかんだでジャンケンの強い方だなぁと実感。負けなきゃいけない時にもちゃんと勝っちゃうのが玉に瑕ですが(禁句;)。
結局最後は五人横に並んで寝ようとする嵐さん達のわいわいっぷりが微笑ましい通りこしていっそ愛しい!
そして“間違って誰かに抱きつく”可能性があるのは、寝相の悪さはメンバー随一の発言者本人であることをどうぞお忘れなく(こら;)。
二宮さんのジャージ(?)に関しては二宮さんファンの方のブログで散々感想を拝見したので今更私から言うことはありません(笑)。
でも「抱腹絶倒」を絵にかいたような櫻井さんが見れたのは本当に貴重。だって超笑ってる!!
しやがれ@船越さんの回。松本さん「危険だ」発言に真正面からツボつかれた時以来ぶりですか、ここまで大笑いしているのは!!
メンバーに関しては元々笑いの沸点が低い方ですが、ここまで笑っていると「櫻井さんが幸せそうだ…」という域で私まで幸せになります(さらりと愛の重い発言)。

相葉さんのイタリアの大砲をホントに見たかった。
見たかったです、相葉雅紀のイタリアの大砲2011!!(笑)
きっとだいぶヴァージョンアップしてるんだろうな、と。
でもこの暗闇は数多の相葉さんファンがあまりのカッコ良さに失神しまうことを懸念しての配慮なんですね、オッケーです!!(自己完結)
あとマジカルバナナって私にとっても懐かしいですが、きっとお若い方で知らない人っていらっしゃるんだろうな。
ひと昔前に放送していた人気番組(今で云うヘキサゴン的ポジション)のコーナーのひとつだったんですよ。
昭和でSHOWな人間しか知らないだろう遊びです。
ちなみにこのゲームの鉄板は「バナナ」→「すべる」→「氷」なんですよ。相葉さんアウト!!(なんのこっちゃ;)

(UPする)(走る)
ここで怒らないのが大野さんですよね(どーん)。
大宮ってすごいな…(精一杯の感想)。

(登る)
新聞紙で作った気球で空を飛ぼうとするのかと思った。
または濡れたシャツをスカイダイビングで乾かそうとするのかと(爆)。
櫻井さん×ヘルメットカメラはもはやお約束なんですね。恰好だけでなく浮かべている表情まで一貫しているのもまた…カワユスか!!(何;)
他メンバーにとっては「体力強化」でも、明らかヘルメットマンにとっては「高所(恐怖症)強化」ですね。ああ、畜生、超カワイイ!!
逆に饒舌になっている所がまたたまらなくて、「カメラ邪魔」「怖い」を一体何回言ったのかカウントしてやろうかと思いましたがやめました。最初のアスレチックに登りきった後の「ちょ、それどころじゃない」の一言が、何よりもヘルメットマンの“切羽詰まった”感を表現していたと思ったので。
でも「もう帰る俺!!」の辺りはまぁ・・・「どんだけ母性本能くすぐれば気が済むんだこのヘルメット!!」と思わなくもありませんでしたけど。←

ていうか3番の男が超絶可愛い!!!笑
勇んで向かったロープのはしご(?)に、いともあっけなく餌食にされた所とか。
ヘルメットマンが「3・2・1」だっつってんのに、「3・2」で押した所とか。
全体通してアスレチックの楽しみ方が一番じょうずだったように思います。ホント可愛かった。
そして同じく全体通して3番の人によるヘルメットマン遊びが無邪気すぎて怖かったです(いっそ;)。
打って変わって大野さんの余裕っぷりも魅力でしたけどね!!
二宮さんもなんだかんだ言って高い所そんなに得意じゃないっぽいですね。
ガンツ撮ってなかったらもっと怖がっていたんじゃないかと(笑)。

そしてこの(登る)のわたくし的最大の名言は「ハーネスを信じられるようになったのはでかい」です。
この一言聞いた時に「やべぇ…私、本当に櫻井さんのこと大好きだ」と思いましたが、何か問題でも?(大真面目)

(食べる)
二宮さんの相葉さんの起こし方が可愛い。
それだけです(笑)。

(録る)
「果てない空 in 山中湖」Piano:櫻井翔
だーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!(←いっぱいいっぱい)
のっけからすごいサービスきましたよ、みなさん!!櫻井さんによる“果てない空”伴奏in山中湖!!!
いやもうホントこんな国宝級の映像入っているとは思わなかったので。まさか大野さんによる「虹」伴奏in山中湖の前振り(こら;)の先にこんな国宝級・・・!!
確かピアノを再び始めたのが昨年(アルバム製作中ぐらいだったかな)とおっしゃっていた気がするので…約1年の間に…おおおおおおお(←感動で泣きそうな人)。※だってやっと観られた!!!
ピアノの技の名前はよく分からないですが、もっとも盛り上がったところ、「トゥルルルルルルーーーー」っていう所に当然のように鳥肌立ちましたよね。
そして私もけっこう重いですけど。
でも松本さんのピアノを聴いている時の顔もガチすぎだなと思いました(大笑)。

心底、ラップシーン無くて良かったよ!!!!!
にしてもレコーディング風景を収録してくれてるとは思わなんだ。少なくとも私は予想してませんでした。事前情報ぜーろーで向き合ったもので。
だからJ社さん、この試み、確実に心臓に悪すぎたよね(真顔)。
この曲、お見受けしたところ、アルバム収録曲の“Joy”ですよね。※確証は無いですが「Joy」って歌ってるので。
確かこの曲、アレがありましたよね・・・“Rap詞:櫻井翔”のなないろの文字がありましたよね・・・(白目)。
一回目に観た時は“Joy”(と思われる)とは気づかずにいたのですが…二回目以降にそれと分かった時にはゾッとしました。もしラップ録りの様子までさらっと収録されていたら私、
志(DVD)半ばにしてぶっ倒れていたと思います(至極大真面目)。
気づいた時の心の声
「無かったけど…そりゃ見たかったけど…いやいやいやいやいや!!やっぱり無くて良かったと思うべきだ、今回に関しては!!!」
なんてことを大真面目に反芻してました。

レコーディング風景中は、左隅のボーダーの人の手の動きばかり見ていて本当にすいませんでした(土下座)。
最後に謝っておきますが、そういうことです(笑)。
ビックリですよね。ボーダーの人だけではなく、更には手の動きをガン見というのは…いやはや我ながら病気すぎると思いました;癖なのかリズムをとるための仕草の延長なのか…何にせよ、大好きです!!歌う時のその手の動きっ!!(ブログ使った告白(爆)
そんなわけで上項の太文字に繋がるわけです。こんなどうかと思うスタンスでさらっとラップ流されたりしてみなよって!!ねぇ!!!(知らんがな;)

(打合わせる)
2011コンサートの打ち合わせを始める嵐さん。
話にはずっと聞いておりましたが、松本さんのプロデュースモードがホント果てしなくカッコいい。
「何で今なんだろう」と思うような楽曲。生で聴けるかどうかは…神のみぞ知るですが、コンセプト的なものを垣間見れたのは大変貴重でした。
そして嵐さん内で(勿論私も好きですが)、auさん曲がなかなかに大人気。笑

(作って食べる)(乾杯する)
火おこし相葉さんの役割とは。
例え火が熾ったとしても、確実にチャッカマン的な文明の利器でその頑張りが徒労に終わっただろうこと。これはきっと誰もが予想できた事だったでしょうけど(笑)。
そんな役割に大真面目に取り組む相葉さんが私は好きです☆

何かあったのかと不安に思った二宮さんの不在。
櫻井さんまでもが包丁を握るはめになっているなんて(こら;)。夕方になって体調崩されたのかと心配になりましたが、なんてことはない。買い出しだったんですね。ふう、驚いた。
あんなジャージ着て寝たからお腹冷えて風邪ひいたのかと思いましたよ(笑えない;)。


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


以上、ざっくりと“ARASHI 10-11 TOUR DOME+~Scene 君と僕の見ている風景~”より「嵐の強化合宿」の感想でした。
こう好き勝手書いていますが、まだまだ他にも書きたいポイントがたくさんあります。ありすぎて語りつくせないんです!!だから今回はこのくらいにしといてやるよ!!ということで☆(かといって続かない;)
長らくお付き合い頂きましてありがとうございました。
本当は“まだ見ぬ世界へ”のメイキングやPV感想も語りたいんですが…時間ありませんでした;

本篇のライブ内容に関しては、今回私は幸運にも京セラドームに参戦させて頂いていまして。
感想を書いても6割ぐらいは同じ感想になってしまうと思うので、今回はあえて書かないでいます。
その時の私の参戦エントリに関してはこちら(http://antriangle.blog.shinobi.jp/Entry/418/)。今になって自分のセトリのいい加減さが露呈していて非常に稚拙な感じではありますが;
※でも京セラ初日はアンコール一回だけだったので、今回の福岡のアンコールの多さには驚きました。いいなぁ…。
※散々色々言っていた“マダ上ヲ”は、もうご心配なく!!!!超②②②くり返し観てますから!!!笑
「揺らして腕~」で櫻井さんが単身で列から外れた辺りから、私の興奮度半端ないですよ!!
そして「shadowなの」でその指の間からのぞかせる目がっ!!目がっ!!!櫻井ファンをころしにかかっているとしか思えねぇ!!(打ち抜かれる系です)
この曲はさくラップ抜きにしても名曲だし、ダンスもすごく好きなんですが…いかんせん毎回イントロからこのラップに向かって思考が一直線なので(マジな話です)、冷静に他の事を見られるようになるには、あと3、40回ぐらいリピさせて頂いてからになると思います(道のり長いな;)。
と、書かないと言っておきながら語ってしまいましたけど。笑

ではでは改めて。お付き合い頂きありがとうございました。

拍手[28回]

最近、当ブログの検索ワードが“クイズ翔”関連のもので埋まるようになりました。
何でしょうね。再ブーム??今、関東で再放送しているって噂に聞いたので、その影響かな。でも検索してきて下さった方には申し訳ないんですけど、見たって何の得する情報もなく。
ただ当ブログで最も櫻井さん愛が痛々しかった時期の記事が読めるだけのことなんですよね(至極マイナス要素)。
厄介なことに検索ワードの影響で「また観たいな・・・」という願望が大きくなってきました。再放送なんかなくってもいつでも観られるんです。DVD-BOXっていうやつで(どーん)。
でも忙しい時に観ると駄目なんですよ、これ。なぜなら精神がグラッグラになるから!
振り返れば2009年は間違いなく櫻井さんyearだったと言うことができるので(なんってったってMen of the year 2009)。この頃のヴィジュアルは本当に危険!レギュラー番組を見直すことすら危険!!ましてやクイズ翔だなんてもってのほか!!!(えー;)


冒頭のお話はタイトルとは何の関係も無いです(爆)。このドラマの話をすると、顔がとんでもない感じに歪みまくるんですよね・・・。
まぁそんなことより!!新曲の感想を書きたくてパソコン立ち上げたわけです!!

“Lotus”は、ドラマ「バーテンダー」で聴いた時はそれほどの衝撃は受けなかったのですが、実際にフルで聴くと、がらりと印象が変わりました。良い方に。
きっとドラマの雰囲気には、これから合っていくんでしょうね。まだ本編で大きな壁にぶち当たっていないので、これからライバルのバーテンダーとタイマン(え;)はっていくうちに、どんどんと違和感が消えていくことかと思われます。いわば現段階では『予感』させる曲ですよね。
あとPVも秀逸!セット自体はシンプルなんですけど、翼のオブジェとか大きな桜が楽曲の世界観に見事にマッチしていて好きでした。特に桜。色も花の散り方もすっごく綺麗なので、圧巻でした。日本人の和の心をガッツリ掴まれました。笑
櫻井さんも仰っていましたが、今回の新曲はPVと一緒に聴きたい曲です。勿論、どんなときでも(笑)。
更に久しぶりに歌って踊る嵐さんが観られることも、このPVの高い価値のひとつです。こういう歌って踊る系の時は、嵐さんという存在に素直に恍惚となることができます。
普段レギュラー番組を観て「ふてくされて可愛い!」とか「ダブルパーカーどうなのよ!」なんて頭の悪い感想言ってる私ですけど(爆)。
真剣に踊る嵐さん達を観る時は、ひとりの女子として純粋にときめきます。いい大人なのにこんな感想ですいません;笑
踊りは、手の動きとフォーメーションがかなり大変そうだなと。
でも、ぶつかる!!と思っても少しも接触せず決まった立ち位置に移動されるんですよね。技術と共に5人の呼吸もかなり重要かと。プロフェッショナルにこんな表現はアレですが、レベルたっけぇ!!笑
二宮さんと大野さんの女子みたいな高い声の部分が好きです。最初CDで拝聴した時はお二人だとは思わずバックコーラスの女性だろうと思って疑いませんでした。
そして嵐さん達による“相葉さん押し”をバシバシ感じる構成もたまらないです。笑
相葉さんを中心に、鳥が羽根を広げるように始まる画がもう最高です。ハープみたいな繊細な音もまた合いすぎていますね。
そして個人的な話ですが、相葉さんが衣裳の胸元をぎゅっと握って歌うという個人ショットが私は大好物です。今回も観られて嬉しいです(にこにこ)。
歌って踊る以外の箇所も。
どこか華族の住んでいるような洋館の中での個人のショットはお気に入りです。そして嵐さん達が二人に増えるところは必見!!
二人に増えたことによって単純に胸の高鳴りが倍になったんですけど、どういう効果でしょうか。「リーダーシップ、三倍」的な。笑
5人の中では二宮さんが一番、「もうひとりの自分」としっかり目が合っていたように思います。うまいなぁ。
大野さんが最後の方のパートで高らかに歌い上げる所。大好きです!!声が澄んでいて本当に素敵。“ウォーオーオー”と力強く歌いながら前に出してくれている手も指先までもれなく綺麗。トータルで大好きです!!(とどのつまり)
そして櫻井ファンとして言及しておきたい箇所。
あいバード(やめてその名称;)が翼を開いた直後のバンビーズのダンスを見逃すべからず!ですな。あ、チェケラっ!て言った方がいいですか?←
腕を顔の横でクロスして左右に揺れるダンスパート。私が今PVの中で最も小動物率が高い瞬間だと認定してみました(勝手にです)。一瞬ですが、表情がたまらなく!!たまらなくキュートだったんです!!一貫してカッコイイPVであるはずなのに、この瞬間だけはキュートだったんですよ!!(力説)
そして特筆すべきは、やっぱりあの左手にしているグローブ!!
フルで観て、やっぱり相当の破壊力だと再確認!!さきほどのキュートポイントのちょい後に、顔を両手の平で覆うようなフリ・・・うまく説明できないので「夢のように」の箇所ってことでまとめますけど(雑;)。そこの顔の色っぽさなんて、手がつけられないほどでした。あーあ、私の文章じゃゼンゼン伝わらない(ふてくされ)。
とにかくこのグローブつけたまま、“Lotus”から“Boom Boom”になだれこんでくれたらどんなにいいことだろう!!って思いました。

というわけで“Boom Boom”感想。
全国のさくラップ好きさん、やりましたね!!遂にシングル曲のカップリングにさくラップ登場なう!です。Rap詞:櫻井翔キターーーーーーーーーーー!!です。待ってて良かった!!
でも、この楽曲の感想なんですけど。正直、どう書いていいか分からないなーというのが素直な感想です。
テクノ系なアレンジもきいて、色っぽい櫻井さんの声も聴けて、間違いなく私のカラカラカラに渇いた心は潤されました。暇があればこればっかり聴いてます。1曲リピートが止まりません!!
でもやっぱり・・・これは言っちゃいけないと分かっているんですけど・・・・・けど・・・・・短いなあっって!!(どっかーん;)
あともう・・・もう十秒分ぐらい歌詞があれば完璧だったんです。
本来ここからもうワンフレーズ何かをぶちかまして元の楽曲に戻るという呼吸の箇所で終わってしまった感が否めなくて。おおおおおおお・・・・・・・な、なんかフェードアウトしちゃったよ的な・・・・orz
完全に「感覚」でものを言っているので伝わっているかどうか頗る不安ですが;今回はそういう引っ掛かりがありました;
あと、アレンジがすごくカッコイイんですけど。もうちょっと原形留めてくれても良かったかもな、という部分がありました。“詞”や“櫻井さんが歌っている事”が聴いただけでは分からなくなるほどの変化は、私的には本末転倒なんです。
・・・何か辛口っぽくてスイマセン;
でもやっぱり楽曲がかなりいいから。雰囲気もテンポもさくラップ抜きにしても相当イイ感じなので。だから余計、もったいなくてしょうがないんです。
もう少しつきつめていきたい一曲なので、今言えることはこんなところです。後味悪くしてしまってすいません。

でも私、実はこの曲に少し希望を持っているんです。
それというのも「迷惑メール」での松本大先生のお言葉!!(崇め奉りつつ)
この中で「今までにないダンス曲」って仰られましたよね?!このお言葉に私、すごく勝手な希望を抱いてしまいました!
カップリング曲なのに。本来なら今までのように、コンサートで一回披露すれば十分だろう的な扱いに終わることの多いカップリング曲なのに。そんな曲に、松本大先生は、ダンスや音楽アレンジの可能性を見出して下さってるということなんですよね!!
ということは、この曲がこれからコンサートやテレビで頻繁に披露される可能性があると解釈しちゃっていいのか?!と。これ以上無いっていうくらい勝手な期待に胸膨らませてしまいました(ご満悦)。
そうですよね。松本さん、最初にもラップが超好き!ってなことを言ってますもんね。ひょっとして松本さんは結構なさくラップ好き人間なんじゃないでしょうか。さくラップがここ最近シングルの中にお目見えしていないのを、実はメンバー内で誰よりも不満に思っていたとしたら・・・うん、末っ子さん、素晴らしいと思います!!(拍手喝采)

途中から私の勝手な妄想入ってしまいましたけど(加えて国民的アイドルに勝手な仲間意識)。
迷惑メールを見てから、そんなことばっかり考えています。色々今回のさくラップについて言及しましたけど、映像で観られるとならば話は変わってきますよ。短いのはどうしようもないですが・・・;

“ever”をうっかり飛ばしてしまいましたけど(笑)。この曲も実はよく聴いてます♪

拍手[0回]

さかのぼること先日の10月29日(金)。
ARASHI 10-11 TOUR ”Scene”~君と僕の見ている風景~の京セラドーム公演に、お友達と参加してきました。
それで当日の感想を私なりに書いてみたので、ここでこっそりあげさせていただきます。
完全なる私の自己満足!!というのもあるんですが、今回参加を見送らざるをえなかった方に少しでもこの感動とトキメキをおすそ分けしたいと思ったので…どうぞこんな拙い文章ながら楽しんで頂けると幸いです。
公演が終わって今日まで、ずっと記憶との闘いでした。
どれだけ闘ってたかっていうと、実はまだコンサートのパンフレット開けてないんですよね!っていうレベルで。笑 ※やっと書き終えることができたので、これからやっと見ます。


では本文は、下の”つづきを読む”からどうぞ。
完全なるネタバレなので、これから参戦される方はこちらで必ずストップして下さい。
あと、先に断っておきますが、かなり長いです(爆)。


※10月30日に、拍手でコメント下さった方。
温かいコメントありがとうございました!(こちらで失礼します)
もう本当におっしゃる通りの内容でした!!笑
レポは思ったよりも長くなってしまったのですが、是非楽しんで頂けると嬉しいです!!

拍手[2回]

こんばんは。実はさきほど仕事帰りに映画”大奥”を鑑賞してまいりました!

11月頃にのろのろ行きはじめるんだろうと思っていた大奥ですが、職場での話の流れで急遽「じゃあこれからみんなで行こうか!」という事になり、一応嵐ファンを名乗っている私なのに、半ば彼女らに引っ張られるようにして行ってきました。普通逆だろーって(笑)。
因みに女3人での映画鑑賞だったのですが、私以外はジャニーズへの興味が皆無に近い子達でした(笑顔)。
でも今にしてみれば、このメンツで参加することは非常に正しいことだったと思いました。嵐ファンと一緒に・・・ましてや(いないけど)二宮さんファンの人と行こうものなら、観劇後に見失うっ!!テンションの置き場所を見失うっ!!(何だそれ;)


そんなこんな妙な感想をのべましたが、つづきに内容に大きく触れた映画感想です。
ネタバレしか無いので(当然のように)、まだ観ていない・DVDを待ちわびている、なんて方はこちらでストップを!!


× × ×

拍手[0回]

ちょっとお久しぶりです!
この度は嵐さんのニューアルバム「僕の見ている風景」感想を書きたいと思い、のこのこと浮上して参りました!!

しかし書いてみたものの痛重い感想が満載の上、嵐のラッパー(なで肩)さんに全力疾走猪突猛進猫まっしぐらな(爆)、とても万人受けするとは思えない仕上がりになりました;
でも、そんな「馬鹿じゃないの?!」と罵られてもおかしくない偏りまくった私的「僕の見ている風景」感想!!
お心の広い方のみ(爆)、「つづき」からご覧いただけます。宜しければ、どうぞ!!

※苦情はご勘弁下さい;私、こういう人間なんですよ;

拍手[2回]

どうも。久しぶりにシングル曲の感想を書かせていただきます。「Troublemaker」の感想を思いっきり挫折したので(書く気は満々でした)、今回は頑張ります。
一応ファンブログだし、私の阿呆な日常綴るよりも、このように嵐ゴトの感想書くことが本来あるべき姿の筈ですよね(遠い目で)。

”マネキンファイブ”の感想も書きたかったんですが、まぁこっちの方を優先で☆
ちょっとだけ私なりの順位を書くと、1位は二宮さんかなぁって感じです。ロングカーディガンがとにかく可愛かった。女優さん達の酷評にも「レディースだっていいじゃない!!だって二宮さんだもの!!(←どういう理屈;)」と高評価で一人対抗(ガチ)。
あ。櫻井さんは実質1抜けみたいなものですよね☆☆☆ね☆☆(嬉しそうだ)
でも私的順位では3位ぐらいでした(笑)。女優さん達のアシストで被ったハットで、やっとまとまりが出た感じでしたね。アイテムは良かったんだけどな…ナロータイは英字が書かれてるものだとごちゃごちゃしちゃうんで、無地とかラメ入りとかに抑えといた方が良かったと思います。
大野さんは…あれはナイ(コラ;)。松本さんは…私はいいと思います♪相葉さんは…高度すぎて理解できませんでしたがそれは私のおしゃれ度が低いだけの話だろうと思うのでいいと思います♪

あ。相当長くなってしまったのでお時間がある時にどうぞ;

× × ×

拍手[0回]

大変に今更感漂う「最後の約束」感想を書きたいと思います!

嵐5人の出演したスペシャルドラマ。
カフェ店員になったりバイク便の兄ちゃんになったり派遣社員になったり清掃員になったり保険の営業マンになったり!!
嵐でなかったら@au by KDDI的なオリジナル設定を背負った嵐さん達にキュンキュンの2時間(約)でしたよ。

想像以上に長くなったので、お暇な時にどうぞ!
3回くらいに分けて読んで頂けると丁度かもしれません!(それはそれで面倒くさいな;)

当然のようにネタバレありますので、ご覧になってない方はここで止めておいて下さいね。

***


とりあえずオープニング等々の裸は「まったく本編とは関係がありません」でした(爆)。
きちんと服を着た嵐さん達が、ビルのところどころですれ違い、関わらずに通り過ぎていく。
こう見るとひとつの会社には色んな職種の人達が出入りしてるんだなぁと思いますね。私、こんなに大きな会社で働いたことが無いので、ちょっと新鮮でした。バイク便なんて会社に来ること無いし、車内にカフェがあるなんて信じられません。さすが都会は違う!

大野さんは清掃員!妙にこの清掃員スタイルが似合ってたのはアイドル的にどうなんだろうと思いつつ(余計なお世話です;)、それ以上に顔の黒さはやっぱり気になるところ。ファイト美白ー!!笑
思うんですが、もし大野さんが「魔王」前半時代と同様に色白のままだったら、また違う役所が待っていたかもしれないですよね。例えば産業医とか!(勝手に;) あと心理カウンセラーなんかでもいいかと思いますが、どちらにせよその際は白衣+メガネ+美白の大野さんでお願いします!(知りません;)
小堺さんとのやりとりも絶妙でした☆小堺さん、可愛い!

松本さんはバイク便のお兄さん。ライダースーツに全く違和感なくて、今回のキャラクターは花男の潤様に近いんだろうか?とちょっと思いました。(私は花男を一度も見た事がありません;)
ヘルメットを取る瞬間、CGではない天然のキラキラを存分に撒き散らしていましたね。そんな「男性のキュンとくる仕草ランキング」で上位に入っていそうな動きをしても、私は落ちません!(誰ですか;)

んで 櫻井さんはロニー損保の保険営業マン。
「メロンパン食べてるこの人!!!!!!!」
と最初からハート鷲掴みでした。(どうしたんですか;)
メロンパンどうのこうのではなく、超キュートなハムスター系男子が物を食べてるっていうことが、最も重要なポイントです。(聞いてません;)
そしてメガネにスーツ!櫻井さんにはお約束なアイテム!最初、縁なしメガネって微妙かなぁ?と思っていたんですが、私意外とこれ好きです!黒縁とかよりいいかも!!笑
auでもそうでしたが、つくづく櫻井さんのイメージって「営業」なんですね。でも確かに、嵐やってなかったら絶対に安定した堅実な道を歩んでいると思うので決して間違っていない見解です。

相葉さんはカフェ店員。出入り業者。寧々さんだけに限らず、社員さんからとても人気がありそうです。
可愛いし癒し系だし、まさにストレス社会で働く人間には最高のオアシス的存在ですよ。一部女子社員の間で「カフェ店員のイケメン君」的なあだ名が密かについているんでしょうな、きっと!
しかしここまで悉く注文を間違えるボケっぷりはどうなんだろう。(爆)

二宮さんは派遣社員。それでも有能で、正社員の道も近し!(笑)
上司である藤木さんもまたステキです。ところで二人の人間的レベルの高さ故か、交わされる台詞が妙に大人びているというか…ちょっと言い方変えると気取ってる感じのものが多い気がします。似合うから全然問題は無いんですけどね。セキュリティセンターは更に”別格”なんですね。
二宮さんがエレベーターの中の相葉さんをチェックしている時は「あーあ」って感じでした。
案の定注文を間違えておろおろしている相葉さんに、二宮さんが更に追い打ち。なるほど、なるほど。例えドラマの上でも相葉さんをいじり倒したいんですね、よっく分かりました。(爆)

***

こんな5人が偶然にも同じビルに閉じ込められて大ピンチ!!
果たして5人は犯人の陰謀を打破し、無事ビルから抜け出すことができるのか!!(否か!)


という感じのドラマかと思いきや。

なんと(ネタバレ大丈夫ですか?) ビルを占拠していた犯人はこの5人だったのです!!

途中から櫻井さんと相葉さんは怪しいと勘付けたんですが(櫻井さんは表情がわざわざ意味深すぎて、相葉さんはなんだか細かい動きが分かりやすすぎて)、まさか5人全員が犯人だとは思いませんでした。
一番驚いたのは二宮さんです。ビルの”核”として人質になっていながら、まさかの司令塔ですからね。あー、怖い怖い;なんていうか似合いすぎてて(爆)怖い!!

このオチを知ってから見なおしてみると、ドラマの視点が面白いぐらいに二宮さんのそれになります。だって事件もビルも他メンバーの動きも、言うなればすべて二宮さんの手の中にあったわけですもんね。
セキュリティーセンターだって、考えてみれば高みの見物をするのにこれほど恰好の場所は他に無いですから。笑

相葉さんの役割としては「警察の混乱役」といった感じでしょうか。でも見直してみると、危なっかしいくらいの分かりやすさでしたね。
前半も前半の寧々さんとのラーメンの件。「僕はちょっと・・・」というのも、うっかり続きを言ってしまってもおかしくない感じでした。あと、時間だ、と慌てて時計を見たのも怪しかったです。相葉さんが個室役を担当したのは、司令塔(爆)が「あんまりこいつを表に出しておくと、バレる」と判断した為かもしれません。
「やることリスト」も自分で書いたんじゃなくて司令塔又は保険の営業の人あたりに渡されたんでしょうね。
そう考えると悉く注文を間違えるところ・・・きっとあれはガチなんだな。笑

松本さんの役割は「社長令嬢のたぶらかし役」ですか?(オイ;)
又はラブ要素担当、的な。(ドラマにおいての話)
黒木メイサちゃんが強くてカッコよくてよかったです!強いヒロイン大好きです!
しかしまぁ予告等にもありましたが、件のシーン、松本さん顔近いです!そして実際ドラマの流れで見てもあの近さはぶっちゃげあんまり意味無いですね。まったく意図が分からない顔の近さです。他のメイサちゃんとのシーンは心が通じ合っている感じで好きでしたが、このシーンだけは無い方が良かったです。

櫻井さんの役割は…何でしょうね、事前の下調べ役?笑 ※寧々さん(証人)への接近&情報収集担当とも。
ドラマにおいて一番最初に「この人、怪しい」と思われたのはきっと櫻井さんですよね。他のメンバーは(うっかりさんはともかく)ラストまで微塵も感じさせませんでしたが、彼は発言や表情等が意味深長しぎました。しかしそのお陰で最後の大どんでんがえしが盛大に生きたんでしょうね!
最初、受付嬢にアポがないからって言って取次ぎ断られたり(私が受付嬢なら問答無用で本人繋ぎますけどね←聞いてませんよ;)、寧々さんに「今日中に契約とらないと首になる~;;」と泣きついたり(私だったらどんなに自分に合っていないプランでも即契約しますけど←だから聞いてません;)、一生懸命寧々さんに保険プランの説明をしたり、自動扉の前でジャンプしたり(とんでもなくキュートでした。何だこの27歳成人男子!!)していた時は、これっぽっちも疑っていなかったんですけどね。
段々と本性が表れてくるんですよね。笑
因みに櫻井さん意味深長発言個人的ベスト2は

「ならいいんですけど・・・・・」 と 「ただの保険のセールスマンです」 

という感じです!!!(こんなことわざわざ書いてるの私ぐらいですか?;)

あ。そして忘れてはいけないのは、実は裏切り行為だったっていうカメラへの人質解放の主張。
人質の一番近くに居る人ですからね。任務を遂行しつつ、罪悪感ってものをずっと感じていたんでしょう。ドラマの櫻井さんも、真っ直ぐで優しい人です!
けれどその結果、二宮さんがとんでもなくダメージを受けていたのが怖かったですけどね。最後はほのぼのと終わりましたが、もし計画が失敗していたら櫻井さんは二宮さんに何をされていたんでしょうか。(ホラー;)

大野さんの役割は…逃走手段(ルート)の確保か何か、かな。
気になるのは、小堺さんの存在って計算内のことなのかどうかってことです。結構な大活躍っぷりでしたけど、彼がいなかったらいなかったで、どういう結果になっていたんでしょうか。
車のキーはナイスアシストでした、小堺さん!!笑


最後は5人揃って、狭い通気溝(?)を通って脱出!
私的にここでの5人のやりとりが、一番嵐ファンがテンション上がるポイントだったと思います。笑
狭いところで何やってんだか、20代後半成人男子。(もれなく)
台詞っていうか・・・もうアドリブなんじゃないですか、このシーン。もしくは5人で軽くエチュードして、それをそのまま台本に使った、とかね!!
それだけ「本来の嵐さん」をみることができたシーンでした。ありがとう!!

最後は警察につかまってしまうようですが、5人そろって歩いていくエンディングはとても好きです。
主題歌となった「空高く」もイイですね!


***

最後はちょっと簡潔になりましたが、以上で「最後の約束」感想を終わります!
お付き合いくださった方、ありがとうございました☆

次は神戸新聞とカバチ!(感想を書くかどうかは未定ですが)

さて。有言実行したところで、今日はもう寝ます!
好き放題書いていたら4時間もかかってしまいました;何やってんだ。(ホントに;)

拍手[0回]

A・RA・SHI

記念すべき嵐のデビュー曲。
この頃の私は(嵐に拘らず)ジュニアファンをやっていたのでよく覚えています。シングルもちゃっかり買いました。※が!!今現在実家で行方不明!!
スケスケの衣裳も当時は特に何の疑念も抱かず見ていました。「嵐って本当にカッコイイお兄さん達だな~」って。「でも櫻井翔君はちょっと怖いなぁ。苦手だなぁ~」って(大笑)。

“「A・RA・SHI」は歌詞よりもリズムとアレンジに惹かれる曲“

この気持ちは今も当時も変わらない感想です。
デビュー直後もしばらくジュニアの番組に彼等がいたもんですから、他ジュニアと共にわいわい歌ったり時には渋谷すばる君がラップを歌ったり(これはこれで好きだった)、勿論嵐だけで(まだぎこちないながらも)カッコよく歌ってくれたり、デビュー曲をネタに爆笑トークをしたり。。。とにかく嵐の楽曲の中で最も様々な方向から聴くことができた曲です。
今はもう嵐以外の人が歌うのはゴメンナサイ;ですが、本当にバリエーションに無限の可能性がある曲だと私は思います。
*S話*
当時はまだラップを自分のものにできていなかった故に、今ビデオを見直すと彼のいっぱいいっぱいさがよく分かります。それはそれでカワイイんですけども!!でも当時は怖かった!!(もういい;)
この楽曲の最大のアレンジポイントはやはりラップでしょうな!現在はすっかり自分のものにされて軽やかに笑顔で歌い上げる姿に、もうホントうっとりしちゃいます…。

明日に向かって

私の記憶が確かなら、これは嵐さんの曲ではない…と思うんですけど、真実はどうなんでしょう(分かる方いらっしゃいましたら教えて下さい;)。
嵐さんの曲ではないというと少し語弊があるかもしれませんが、この曲はデビュー前からよくジュニアみんなで歌っていましたよね。私はそっちのイメージが強いんです。
でもすごくテンポのいい曲で、超前向きソングですよね!ジュニアの中には(デビュー前の)関ジャニ∞とか滝翼とか沢山いましたけど、このスタンスの曲は間違いなく嵐さんに一番ピッタリなものだと思うので、結果的には違和感ゼロかと!

SUNRISE日本

そういえば「SUNRISE日本/ HORIZON」は持っていたんですけど、どこかへ行ってしまいました;フリスビー(だったかな)もあったんですが同様に行方不明です。ホント、馬鹿か!!!(私が)
「意外とこの振り付け、痛い」と少クラで嵐さん達が言っていた気がします。そんで相葉さんが実演して「肘が・・・」とバッチリ痛がっていたと思います(笑)。※投げキスしながら前に飛ぶ所です。
コンサート等で聴くのはイイですね!結局これもアレンジとテンション次第かも。

HORIZON

SUNRISE日本のカップリング曲。
カップリングではありますが、私はSUNRISE日本よりもこっちの方が好きです。両A面じゃないのでPVが無いことがとても残念。番組ではオレンジの衣裳を着て歌っていた(と思う)嵐さん達がとってもカッコ良かったです。
当時は青春真っ只中だったので(笑)、大人の世界なんて知ったこっちゃない!今の主役は未来のある俺達だ!っていう青さ故のガツガツ感に同世代である私は強く共感しました。
ただ、大人になった今でもこのガツガツ感は時に必要なんじゃないかと歌詞をなぞっていくうちに思ってきました。大人になっても未来を諦めない。そういう人こそが、この世の中を良くしてくれるんじゃないかな。

*タイアップ*
この曲はエスキモー・ピノのCMソングでしたね。春の高校バレーはあまり意識して見ていなかったので、こちらのタイアップの印象しか無いです。
相葉さんと二宮さんが仲良く、そしてオドオドと(笑)ピノを食べてましたね。
あどけないにのあいコンビのCMは犯罪級に可愛くて、今見ても(今見るからこそかも)キュン死しそうになります!

台風ジェネレーション Typhoon Generation

「じゃあ、行ってくる」がとにかく好きな一曲。
たった少しの台詞なのに、情景・心情がありありと分かるんです。確実にさくラップと同じ役割を果たしていますよね。曲にマッチしていて存在感絶大!
それにしても二宮さんの声って全く変わらないですね。よっ!!この永遠の17歳!!(悪ノリです;)
ただ聞こえのいい言葉を並べるものより、このようにストーリーのある曲の方が好きです。
まだ恋愛に擦れていない男の子と女の子の切なさとか相手への無限(だと信じて疑わない)の愛とかがあふれていて、とってもカワイイ曲です♪

明日に向かって吠えろ

台風ジェネレーション Typhoon Generationのカップリング曲。
ウォークマンで再生する際に曲タイトルが表示されるんですが、表示可能文字数が少ないので寸前まで「明日に向かって」かコレかで混乱します。(どうでもいい)
歌詞の端々の「あるある」ネタ(じゃないよ;)が好きです。未だに美容室行ってシャンプー台に座るとこの曲が頭を過ぎってしまう嵐ファンは私だけでは無い筈。(笑)
結構大きなことを言っているにも関わらず、自転車撤去には地味にテンション下がってしまったっていう小ささがまたオカシイです!

感謝カンゲキ雨嵐

デビュー1年目ぐらいの曲ですよね!おめでとうございます!(超今更;)
コンサートで大野さんが叫ぶように歌う「I’m Smiling Again」の声が好きで好きでたまらないです☆だって声は綺麗だし笑顔も素敵だし、DVDではまだ顔は白いし(爆)。いい定番曲ですよね!!
「泣きながら生まれてきた~」(歌詞は載せられないので最初だけ)という歌詞の所が好きです。
今もここの部分を聴くと頑張ろう!(色々)と思っちゃいます。
こういう、時にドキっとするようなメッセージをくれるから嵐さんって好きなんですよね。
青い歌詞といえばそれまでですが、それを私はこの歳になって求めてしまったんだと思います。

OK!ALL RIGHT!いい恋をしよう

感謝カンゲキ雨嵐 のカップリング曲。
とにかくOKで ALL RIGHT!な曲らしいです。笑
歌詞に思いいれらしい思いいれは無いです。だってとにかくOKで ALL RIGHT!ってことが言いたいだけなんだと思いますから。※あえての単純な歌詞っていうのは嫌いじゃないですけど。
それよりも私は曲の方が好きです。バックの女性コーラスも嵐さん達の声と綺麗にハモっていて聴きやすい。

DANGAN-LINER

まさに弾丸って感じで、曲にスピード感ありますね。「OK!~」同様、曲の方が好きです。
「しょせん~僕らって」(歌詞省略)という箇所は好きです。この一フレーズが楽曲のすべてを集約してるなぁと思います。
そんな感じです。(短;)

サワレナイ

初期の嵐さん曲の中で一、二を争うくらい好きな曲です。
私は昔から男の人目線の、フられる・浮気される系の歌詞が大好きなんですよね。(笑)
情けないくらい女の子のことを一途に想っているのに、向こうの気持ちはどこか他の所にある。切ないけど、さすが櫻井さんを筆頭に(間違ったイメージです;)振られ役が似合う嵐さん達!!
振られることなんか無いだろ!!と色んな所からツッコミを入れられるであろうビジュアルをお持ちの嵐さん達だからこそ、この歌詞とのギャップがたまらないんです。
でもこの曲、ちょっとNEWSの山下君のイメージもつきまといます。※別に嫌じゃありませんけど。
当時の少クラで山下君がとにかく(単体で)歌っていて、横山さんに「俺も『サワレナイ』歌いたいわ~」と僻まれていたくらい彼のイメージソングになりつつありました。
しかしこれは横山さんには絶対歌って欲しくないですね、うん。(失礼;)

拍手[0回]



カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
ブクログ


私の趣味の傾向が一目で分かります。(笑)
嵐さんのCD・DVD(音楽ジャンル)はこれに含みません。
最新コメント
[05/25 うほあらし]
[05/25 びわ]
[05/15 りこ]
[03/12 杏依]
[01/05 杏依]
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
高知県生まれ。在住。学年的には末ズ-1歳。
関西を転々とした後、現在は県内で接客業。
でもそろそろフリーとして活躍できる職に就きたい。
嵐さん関係のプロフィールは、リンクより「はじめに」からどうぞ♪

an isosceles triangle=二等辺三角形
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]